三菱、コンセプト グローバル スモールを出展【ジュネーブショー2011】

2011.01.18 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】三菱、「コンセプト グローバル スモール」を出展

三菱自動車は2011年1月18日、ジュネーブショーへの出展を予定している「三菱コンセプト グローバル スモール」の写真を公開した。

「三菱コンセプト グローバル スモール」は、三菱自動車が2012年3月以降に世界展開を予定している、新世代小型乗用車のコンセプトモデルだ。「小型」「低価格」「低燃費」の3つを柱とし、コンパクトカーならではの取り回しの良さと大人5人ぶんの居住空間を実現したボディに、1〜1.2リッタークラスの小排気量エンジンが搭載される。

エンジンやそれに組み合わされる新世代CVT、ブレーキ、タイヤなどの走行抵抗を低減、車体の軽量化、空気抵抗の低減などにより、燃費向上が図られるのもポイント。さらにアイドリングストップ機構やエネルギー回生システムも搭載され、CO2排出量90g/km台半ばの環境性能が目指される。

なお、市販モデルは、現在建設中のタイの新工場(第三工場)で生産される予定という。

(webCG 曽宮)

「三菱コンセプト グローバル スモール」。市販モデルは、2012年3月の稼働開始が予定される、三菱自動車のタイ新工場で生産される予定だ。
三菱、「コンセプト グローバル スモール」を出展【ジュネーブショー2011】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。