アイシンAW、iPhone用カーナビアプリを発売

2011.01.17 自動車ニュース

アイシンAWからiPhone用カーナビアプリ発売

アイシンAW、iPhone用カーナビアプリを発売

アイシン・エイ・ダブリュ(以下AW)は2011年1月17日、iPhone向けカーナビアプリ「NAVIelite」を発表、同日販売を開始した。

「NAVIelite」は地図データもiPhone内にダウンロードされるため、電波が届かない場所でのナビ利用も可能。
アイシンAWからiPhone用カーナビアプリ発売
アイシンAWからiPhone用カーナビアプリ発売

■知る人ぞ知る老舗

アイシンAWといえば、トランスミッションのメーカーとしておなじみだが、実は古くからカーナビを作ってきたメーカーとして知る人ぞ知る存在でもある。たしかに会社名を冠した製品は存在しないが、トヨタ車の純正ナビや市販ナビでも有名ブランドのヒット製品をいくつもOEM供給してきた、縁の下の力持ち的存在なのだ。
そのアイシンAWが、ついに自社ブランドを引っさげてカーナビ業界に進出してきた。しかし販売されるのはこれまでのナビとはちょっと違う。

同日発表・発売された新商品にもアイシンAWという社名は出てこない。「dribrain(ドライブレイン)」というブランド名のもと、「NAVIelite(ナビエリート)」という製品名で販売される。
そのNAVIeliteの正体は、iPhone専用のナビアプリ。iPhone3GSとiPhone4(OSはiOS4.1以降に限られる)を対象とし、アップルのApp Storeからダウンロードすることで入手できる。価格は1年間の利用で3800円とナビアプリとしてはやや高めの設定だが、その理由は以下の充実した内容にある。なお、2011年2月16日までの間は2600円の特別価格で提供されるそうだ。

交差点拡大図も車載カーナビ同様に表示される。
アイシンAWからiPhone用カーナビアプリ発売
タウンページのデータを用いた名称検索も可能。さすがに画面が小さいため、正確に文字を入力するのは難しい。
アイシンAWからiPhone用カーナビアプリ発売
VICSを用いたリアルタイムの渋滞情報も表示される。
アイシンAWからiPhone用カーナビアプリ発売

■車載ナビの機能をフル活用

NAVIeliteの特徴をひと言でいえば、アイシンAWが作ってきた車載のカーナビ用コンテンツを、そっくりiPhoneで動作するようにしたものだ。地図表示も交差点案内もメニュー構成も、トヨタ純正ナビ、あるいは富士通テンなどの市販ナビで見慣れたものがiPhone上に表示される。ということは、できることも車載カーナビそのまま。それは以下の5つの特徴ある機能を見ればよくわかる。

1)交差点拡大図:通常の交差点拡大図はもちろん、複雑な形状の交差点は3Dで立体表示、レーン数の多い道路では車線案内を連続して表示する。
2)ドアtoドアのダイレクトガイド:ルート案内が目的地周辺で終わるのではなく、目的地の手前30mまで徹底的に案内される。
3)タウンページデータ検索:膨大な検索データを内蔵しており、名称、ジャンル、住所、電話番号などいろいろな方法で探したい地点を検索できる。
4)渋滞情報:iPhoneの通信機能を使って現在地周辺の交通情報をサーバーからリアルタイムに取得。地図上に渋滞情報を表示するだけでなく、渋滞回避ルートも計算する。
5)地図更新:主要な道路は開通後すみやかにアップデート。全国地図も年6回無料で更新される。
そのほかにもNAVIeliteの細かい機能は山ほど。たとえば高速道路の乗降ランプ指定など、一度引いたルートを自分好みのルートに変えるといったアイシンAWナビが昔から持っている便利機能もそのまま継承している。

クルマに設置するためのクレードルは同社からは販売されていないため、カー用品店や通販などで入手するしかない。スマートフォンのカーナビ利用が進んでいる欧州製のものが良いそうだ。
アイシンAWからiPhone用カーナビアプリ発売

■今年中にアンドロイドOSにも対応

過去のノウハウをフル活用していることはわかった。では将来に向けての発展性はどうか。NAVIeliteが使えるのは現在のところiPhoneだけだが、アンドロイドOSへの対応も年内に予定しているという。さらに2012年には「乗り換え案内」とのリンクを図り、歩行ナビへの対応も推し進めるとのこと。渋滞情報の表示は大きな武器だが、よりきめ細かい渋滞情報取得を目的としたプローブ情報も視野にあるそうだ。それも、情報提供を他社に依存するのではなく自社開発すると、姿勢も意欲的だ。
いずれにしてもNAVIeliteの登場により、スマートフォンのナビアプリ商戦が活発化することは間違いない。

(文=尾澤英彦)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。