トヨタ、GRMNとG'sで新コンセプトカー発表【東京オートサロン2011】

2011.01.15 自動車ニュース
「GRMN iQ Racing Concept」。トレッドの拡大に対応して大胆なブリスターフェンダーを採用。フロントデザインはかなりの迫力だ。
トヨタ、GRMNとG'sの両ブランドに新型車【東京オートサロン2011】

【東京オートサロン2011】トヨタ、GRMNとG'sの新たなコンセプトカーを出展

トヨタ自動車はカスタムカーの祭典「東京オートサロン2011 with NAPAC」に、“GAZOO Racing tuned by MN(GRMN)”や“G Sports”のコンセプトカー3台をはじめとする17台の車両を出展した。

「GRMN iQ Racing Concept」のインテリア。
トヨタ、GRMNとG'sの両ブランドに新型車【東京オートサロン2011】
「ヴィッツG's」は、新型「ヴィッツ」のRSグレードがベース。精悍(せいかん)さが増したエクステリアも見どころ。
トヨタ、GRMNとG'sの両ブランドに新型車【東京オートサロン2011】

■GRMNの最新作はレース仕様の「iQ」

「GAZOO Racing」とは、ニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦などを通じて、「走りの味」や「クルマの楽しさ」を追求するトヨタのプロジェクトのこと。その成果によって作られたクルマには「GRMN」ブランドが冠され、2009年8月に100台限定で販売された「iQ GRMN」は、わずか1週間で完売するほどの人気を博した。

そんなGRMNシリーズの今回の見どころは、「iQ GRMN」をベースとしてレース仕様に仕立てられた「GRMN iQ Racing Concept」である。スーパーチャージャーが装着された1.3リッターエンジンは出力がベース車両の20〜30%増しに設定され、それを受け止める足まわりはスプリングとショックアブソーバーが強化されているほか、トレッドが大幅に拡大されている。
なお、昨年出展された「iQ+Supercharger Concept」とはノーズのデザインだけでなく、室内にロールケージが加わっている点が異なっている。

優れた環境性能と走る楽しさを高次元でバランスさせるのが「プリウスG's」のテーマ。
トヨタ、GRMNとG'sの両ブランドに新型車【東京オートサロン2011】
昨年出展されて話題になった「レクサスIS F CCS」の進化版「IS F CCS-R」。ベース車両比で約300kgもの軽量化を実現。
トヨタ、GRMNとG'sの両ブランドに新型車【東京オートサロン2011】
「TRD オーリス GT コンセプト」。動力性能が向上しているだけでなく、エクステリアが風洞実験で磨きこまれ、操安性が高められている。
トヨタ、GRMNとG'sの両ブランドに新型車【東京オートサロン2011】

■早くも新型「ヴィッツ」ベースのG'sが登場

一方、トヨタが「GAZOO Racing」で追求してきたテーマを、より幅広いユーザーに手ごろな価格で提供するスポーツコンバージョン車シリーズ「G SPORTS」(通称「G's(ジーズ)」)では、「プリウス」のほか早くも新型「ヴィッツ」が題材に選ばれ、参考出品された。すでに市販されている「ノア/ヴォクシーG's」と同様に、溶接の追加によってボディが補強され、ローダウンサスペンション(2台ともマイナス15mm)や17インチホイールが採用されている。

その他、ベース車両から約300kgもの軽量化が施された「レクサス IS F CCS-R」や、スーパーチャージャーによって動力性能が高められた「TRD オーリス GT コンセプト」などが注目を浴びていた。

(webCG 竹下)

トヨタ純正用品から出展された「Passo de Tea time」は、高級2BOXカーを提案している。
トヨタ、GRMNとG'sの両ブランドに新型車【東京オートサロン2011】
トヨタ社内の有志団体であるTES(トヨタ技術会)は、軽量コンパクトなFRスポーツコンセプト「TES Concept T-Sports」を出展。
トヨタ、GRMNとG'sの両ブランドに新型車【東京オートサロン2011】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。