第176回:二国間プロジェクトはつらいよ……懐かしの「マツダ・ロードペーサー」との思い出

2011.01.15 エッセイ

第176回:二国間プロジェクトはつらいよ……懐かしの「マツダ・ロードペーサー」との思い出

初代「ルノー・ランブラー クラシック」(写真=ルノー)
第176回:二国間プロジェクトは辛いよ……。懐かしの「マツダ・ロードペーサー」を思いだす

どうなるフィアットとクライスラー?

フィアットとクライスラーによる大西洋をまたいだ連携作業は、北米側では着々と進められている。そのさきがけとして2011年1月、フィアットは、クライスラーへの出資比率を従来の20パーセントから25パーセントにまで引き上げた。さらに2011年10月から北米でフィアット設計の4気筒エンジンを生産することも明らかにした。

ところがお膝元のトリノはといえば、ちょっと複雑な状況に陥った。事の成り行きは以下のとおりだ。
フィアットは2010年秋、ミラフィオーリ本社工場でSUVをアルファ・ロメオ/ジープ両ブランドで生産するため、10億ユーロの設備投資計画を発表した。マルキオンネCEOは投資の必要条件として、工場従業員を掌握する各労働組合に、労働時間延長や病欠手当の削減などを提示した。マルキオンネ氏いわく「イタリアに新しい労働モードを持ち込む」というわけだ。

それに対して2010年末、すでに2つの組合がマルキオンネ案に反対を表明した。マルキオンネは、従業員の反発に相当頭を抱えたようで「もしミラフィオーリ(の従業員)が『NO!』と言うなら、計画をそのままクライスラーのカナダ工場に移す」と言い切った。

ミラフィオーリに追加投資が行われないということは、戦前からフィアットを象徴してきた主力工場の大幅な縮小を意味する。それは現在同工場が担当している「フィアット・ムルティプラ」や、同「イデア」「ランチア・ムーザ」の生産は、次期モデルからセルビア工場に移されることがすでに予定されているからだ。

結果はというと2011年1月15日未明、従業員投票における賛成票が54%に達したことが判明。労働側がマルキオンネ案を受け入れることになった。
ただし僅差での決着だけに、今後マルキオンネのオペレーションが順調に進行するか、予断を許さない状態だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。