Eクラスに、自動車生誕125周年記念の特別仕様車

2011.01.12 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本、特別仕様車「E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション」を発売

メルセデス・ベンツ日本は2011年1月12日、自動車生誕125周年を記念し、メルセデス・ベンツEクラスにスポーティなエクステリアと快適性を高める室内装備を施した特別仕様車「E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション」(全3モデル)を設定。同日発売した。

「E250 CGIブルーエフィシェンシー」は、1.8リッター直4ガソリン直噴ターボエンジンを搭載し、すぐれた走行性能と燃費経済性の両立がアピールされる、Eクラスのベーシックグレード。今回の特別仕様車は、1886年にカール・ベンツとゴットリープ・ダイムラーが自動車を発明して以来125周年を迎えることを記念したモデルとなる。

モデルごとの価格と内容は、以下の通り。

・E250 CGIブルーエフィシェンシー 125!エディション/634万円
・E250 CGI ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン125!エディション/669万円

通常モデルには設定のないツインクロームエグゾーストエンドや18インチ5スポークアルミホイール、車高15mmダウンのスポーツサスペンション、ドリルドベンチレーテッドブレーキディスク(フロント)などスポーティな装備のほか、メモリー付パワーシート(前席)や電動ランバーサポート、電動チルト&テレスコピックステアリング、ドライバーの乗り降りをサポートするイージーエントリーなどの快適性を向上させる室内装備、計37万円相当分の装備を追加しながら車両価格は据え置きとされた。


・E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 125!エディション/698万円

アバンギャルド仕様ならではのスポーティなエクステリアはそのままに、キーレスゴー、メモリー付パワーシート(前席)、後席分割可倒式シートなど、快適装備を充実。35万円相当分の装備を追加しながら車両価格は据え置きとされた。

(webCG)

 
Eクラスに、自動車生誕125周年記念の特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る