アウディジャパン、2011年は2万台を目標に

2011.01.11 自動車ニュース

アウディジャパン、2011年は2万台を目標に

アウディジャパンは2011年1月11日、新型車「A1」発表会の会場において、2010年の業績および2011年の事業戦略について記者会見を行った。

■「Big & Small」で2万台へ

全世界で過去最高の販売台数を記録した2010年のアウディ。アウディジャパンが担当する日本での販売も1万6854台となり、これまで最高だった1990年の1万6691台を上回った。

アウディジャパンの大喜多寛代表取締役社長は、過去3年続けている3本柱の戦略、「クルマの楽しさやアウディブランドのクルマの情熱を伝える各種イベント」「大都市圏でのディーラーネットワークの充実」「営業/アフターセールストレーニング強化による顧客満足度の向上」が実を結んでいるとコメント。国内では2010年1月に発表された「A5スポーツバック」が予想を上回る人気を獲得し、販売台数を押し上げたという。さらに認定中古車の販売が好調であることにも言及し、「ブランド、商品に対する信用が上がっている」と語った。

2011年は、販売現場での「iPad」の活用など、新しい試みも採り入れつつ、3本柱の戦略を継続。加えて「Big & Small」というキーワードの下、販売台数をさらに引き上げる考えだという。すなわち「Big」は2010年12月に発表された「A8」と今年半ばに投入される「A7スポーツバック」、さらに年後半に上陸予定の新型「A6」などハイエンドクラスを指し、「Small」は同日発表されたばかりのコンパクトモデル「A1」を示している。なお、2011年2月からデリバリーが開始される「A8」はすでに200台以上の受注があり、「A1」は初年度販売目標4000台を掲げている。

既存車種の販売台数をキープし、さらにこれら「Big & Small」を加えることで、「年間販売台数2万台」の目標を達成するもくろみだ。「プレミアムインポートカー市場は前年並み」と予測する大喜多社長。アウディジャパンは国内でのさらなるシェア拡大を狙う。

(webCG 本諏訪)


アウディジャパン、2011年は2万台を目標にの画像
2011年半ばに導入予定の「A7スポーツバック」。
2011年半ばに導入予定の「A7スポーツバック」。
こちらは新型「A6」。2011年後半には上陸予定だという。
こちらは新型「A6」。2011年後半には上陸予定だという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。