トヨタ・プリウスにワゴンモデルが登場【デトロイトショー2011】

2011.01.11 自動車ニュース
北米市場で2011年夏の発売が予定される「トヨタ・プリウス v」。
プリウスにワゴンモデルが登場【デトロイトショー2011】

【デトロイトショー2011】プリウスにワゴンモデル「プリウス v」が登場

トヨタ自動車は2011年1月10日に開幕した北米国際自動車ショー(デトロイトショー)で、ハイブリッドカー「プリウス」のワゴンモデル、「プリウス v」を発表した。

「プリウス v」はプリウスが持つ高い環境性能を継承しつつ、より広い居住空間とラゲッジスペースが与えられたモデル。北米では今夏の発売が予定されている。車名の「v」はversatility(多様性)の意。

ボディサイズは全長×全幅×全高=4615×1775×1575mmと、標準型プリウスと比べて全長が155mm長い。またホイールベースは80mm延長の2780mmとされた。これにより室内空間は拡大されており、ラゲッジスペースについては60%広げられている。

1.8リッターエンジンを中心としたハイブリッドシステムなど、ランニングコンポーネンツは基本的に標準型プリウスのものと共通である。アメリカの燃費基準(コンバインド)では、1ガロン当たり40マイル(約17km/リッター)という数値がうたわれている。ちなみに、標準型プリウスのカタログ燃費は1ガロン当たり50マイル(約21.3km/リッター)である。

LEDヘッドランプやレーダークルーズコントロールのほか、S-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)や7個のSRSエアバッグを搭載するなど、数々の先進装備を備える。またトヨタ初となる、開放感あふれる大型の樹脂製パノラマルーフも用意される。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
プリウスプリウスαトヨタデトロイトモーターショー2011イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る