クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3970×1740×1440mm/ホイールベース=2465mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=289万円(テスト車=352万円/スポーツパッケージ=15万円/バイキセノンパッケージ=12万円/コントラストルーフ=6万円/5スポークVデザインアルミホイール=12万円/クルーズコントロール+APS=15万円/エアコン吹き出し口カラードスリーブ(ハイグロスワサビグリーン)=3万円)

アウディA1 1.4TFSI(FF/7AT)【試乗速報】

アウディでいちばん 2011.01.11 試乗記 アウディA1(FF/7AT)
……352万円

アウディの新しいエントリーモデル「A1」が日本に上陸した。キャッチコピーは、「自分の価値を大切にする“アーバンエゴイスト”のためのプレミアムコンパクト」。その乗り味は、どうだったかというと……。

アウディはお洒落だ

メルセデスがお洒落(しゃれ)だ、と言ったら首をかしげる人が多いかもしれないが、「アウディはお洒落だ」といってもいぶかる人はいないと思う。「A1」はいちばん小さな、いちばん安いアウディだが、いちばんお洒落なアウディである。試乗会場に出向き、東京丸の内のブランドショップ街に並んだA1を見たとき、「あれっ、なにかコマーシャル撮影でもしているのか!?」と思った。これから自分が乗る試乗車だったのに、だ。

"お洒落に気を使っているクルマ"に見える最大のポイントは、コントラストルーフである。Aピラーからルーフを経てCピラーまで、上屋のサイドエッジがアーチ状に塗り分けられている。単色のボディカラーも選べるが、A1のイメージカラーはこれだ。こういう凝ったカラーリングデザインをアウディがやるのは初めてである。

フロントマスクはおなじみのシングルフレームグリルを踏襲するから、とくに女性的なクルマには見えないが、男性でも"ピアスをしている"感じだ。A1がこれから挑むライバルのなかには、「MINI」や「フィアット500」がいる。ナツメロをカバーするような安直なデザインをアウディはやらないが、その手で大成功している強敵と戦うのがA1だ。アウディのなかでもとびきりお洒落に気を使ったA1を見ると、いまヨーロッパのコンパクトクラスで何が起きているのかがよくわかる。

取材車には、「スポーツパッケージ」と「コンペティションパッケージ」で選択可能なワサビグリーン/ブラック内装が装備されていた。コンベンショナルなブラック系の内装なども選べる。
取材車には、「スポーツパッケージ」と「コンペティションパッケージ」で選択可能なワサビグリーン/ブラック内装が装備されていた。コンベンショナルなブラック系の内装なども選べる。 拡大
リアシートは二人掛け。よって乗車定員は4名となる。
リアシートは二人掛け。よって乗車定員は4名となる。 拡大

ポロとはぜんぜん違う

試乗したのは、スポーツパッケージを備えるモデルだった。セットオプションの内訳は、スポーツサスペンション、スポーツシート、標準の15インチより1サイズ大きい16インチホイールなど。タイヤは215/45R16が組み合わされるはずだが、テストカーにはスペシャルオプションの17インチホイールにヨンマルタイヤが付いていた。価格は総額で352万円になる、ほぼ"全部のせ"のA1と言っていいだろう。

「フォルクスワーゲン・ポロ」と同じプラットフォーム(車台)を使った2ドアハッチバックがA1である。日本でも評価の高いポロとの違いが"走り味"の点でどれくらいあるのか、ないのか。個人的にはそれが興味の的だったが、走り出した途端、ぜんぜん違った。スポーツサスペンションのおかげで足腰はしっかりしている。ドイツ車としてはかなりソフトに感じるポロとは別物だ。かといって、「ポロGTI」ほどヤンチャに硬くはない。じゃあ、15インチのノーマルサスペンションモデルはどうなのかと思ったが、発表に先立つ緊急試乗会的な今回は用意がなかった。

でも、ポロではなく、わざわざA1を指名買いする人に、普段づかいの邪魔にならないこのスポーツパッケージはお薦めだ。マス感のあるデザインコンシャスなボディは、15インチだと明らかに"ホイール負け"すると思うし。

パワーユニットは、1.4リッターターボと7段Sトロニックの組み合わせ。1.2リッターターボのポロより大きなエンジンを選んだところにもアウディの主張がみてとれる。この日は都内のみの試乗だったので、フルスロットルを続けるような乗り方はできなかったが、約1.2tの車重に対して122psのパワーは十分以上だ。掛け値のないドイツ式カタログデータによると、最高速は203km/h、0-100km/h加速は8.9秒でこなす。

昨今のアウディ車に共通するウィングデザインのヘッドライトが採用された。
昨今のアウディ車に共通するウィングデザインのヘッドライトが採用された。 拡大
パワートレインは、1.4リッター直噴ターボ+7段Sトロニックの組み合わせ。10・15モード燃費は、19.4km/リッター。
パワートレインは、1.4リッター直噴ターボ+7段Sトロニックの組み合わせ。10・15モード燃費は、19.4km/リッター。 拡大
シートは、後席の格納だけでもある程度までフラットにできるが、ダブルフォールディングによってさらに広いスペースをつくり出すこともできる。

画像をクリックするとシートアレンジの様子が見られます。
シートは、後席の格納だけでもある程度までフラットにできるが、ダブルフォールディングによってさらに広いスペースをつくり出すこともできる。

画像をクリックするとシートアレンジの様子が見られます。 拡大

クラスレスなクルマ

エコにも気を使うA1の特技は標準装備のアイドリングストップ機構である。日本車ではもう珍しくないが、アウディでは初。フォルクスワーゲンでも、今のところ新型「シャラン」が採用しているだけだ。エンジン停止はひそやかに行われて、気づかない。再始動のレスポンスも問題なかったが、単純にセルモーターで始動させる方式なので、その軽いショックはある。A1のエレガンスを考えると、その点がいま一歩、改善の余地ありかなという気もしたが、アイドリングストップという"善行"をやっているのだから、大目にみたい。

“ポロのアウディ版”でないことは、室内でも一目瞭然(りょうぜん)だ。クーペ的な上屋のデザインからもわかるとおり、キャビンはポロよりタイトである。リアシートや荷室はポロより狭いが、インテリアは歴然とよそゆきでお洒落だ。シートの一部とドア内張りとエアコンの吹き出し口を黄色で統一した試乗車には、フィアット500あたりのラテンテイストも感じられた。ダッシュボード上に立ち上がるカーナビのモニターは遠視点化されてとても見やすい。

いちばん小さく、価格帯ではいちばん安いアウディだが、見て触って乗ってみると、実はいちばんクラスレスなアウディかもしれないと思った。広告代理店的に言うと、「都市で暮らす高感度な30代」あたりがメインターゲットなのだろうが、その一方、「A8」が買えるお金持ちのガレージに入っていてもおかしくなさそうである。

(文=下野康史/写真=荒川正幸)

ボディカラーは全10色から選択可能。ピラーまわりの色を変更する「コントラストルーフ」は、6万円のオプションとして、スポーツパッケージ装着車に設定される。
ボディカラーは全10色から選択可能。ピラーまわりの色を変更する「コントラストルーフ」は、6万円のオプションとして、スポーツパッケージ装着車に設定される。 拡大

アウディA1 1.4TFSI(FF/7AT)【試乗速報】の画像 拡大

アウディA1 1.4TFSI(FF/7AT)【試乗速報】の画像 拡大

関連キーワード:
A1アウディ試乗記

あなたにおすすめの記事