【スペック】全長×全幅×全高=3545×1625×1515mm/ホイールベース=2300mm/車重=990kg/駆動方式=FF/1.2リッター 直4SOHC8バルブ(69ps/5500rpm、10.4kgm/3000rpm)/価格=208万円(テスト車=213万円/メタリックペイント(クロスオーバーブラック)=5万円)

フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)【試乗記】

安い うまい 懐かしい 2011.01.10 試乗記 フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)
……213万円

「フィアット500」に、シリーズ唯一となるMTモデルが追加された。伝統的なトランスミッションは、小さなイタリア車の走りをどのように変えるのか?

希少で貴重なコンパクト

自動車業界における絶滅危惧種のひとつに、3ペダルのMTがある。とくにスポーツモデルではない輸入車は、2ペダルが当然という空気になっていて、フォルクスワーゲンのようにMTの設定が皆無なブランドさえある。

そんななか、上陸以来「デュアロジック」と呼ばれる2ペダル式の5段MTしかなかった「フィアット500」に、クラッチペダルをもつ伝統的なMTが追加された。
日本仕様の「500」は、1.2リッターSOHC8バルブと1.4リッターDOHC16バルブの2つのエンジンに、ベーシックな「ポップ」、その名のとおりの「スポーツ」、ラグジュアリーな「ラウンジ」の3グレードを組み合わせていたが、1.2のスポーツだけが存在しなかった。それがMTとともに登場し、ラインナップを完成させたというわけだ。
エンジンのチューニングは従来と同じで、最高出力69ps、最大トルク10.4kgmとなる。5段MTのギア比は、ファイナルを含めてデュアロジックと共通。990kgの車重は同じエンジンを積むポップとラウンジの中間だ。

208万円という価格にも注目したい。MTのヨーロッパ車でいちばん安いからだ。従来その座にあったのは209万8000円の「ルノー・ルーテシア 1.6」だった。次に位置するのは同じルノーの「カングー」で219万8000円、そして「MINI ONE」の219万9000円と続く。
しかし他の3台が1.6リッターなのに対し、500のエンジンは400cc小さい。同じ3ペダルMTでも、この差が走りに違いを生み出していた。

日本で買える「フィアット500」の中で、MT仕様はこちらの「1.2 スポーツ」だけ。センターコンソールから、大きな球形のノブが生える。
日本で買える「フィアット500」の中で、MT仕様はこちらの「1.2 スポーツ」だけ。センターコンソールから、大きな球形のノブが生える。
アイドリングストップ機構も備わる、1.2リッターエンジン。1.4リッターモデルには、同機構は付かない。
アイドリングストップ機構も備わる、1.2リッターエンジン。1.4リッターモデルには、同機構は付かない。

フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る