第175回:イタリア式「iPhone」生活泣き笑い

2011.01.08 エッセイ

第175回:イタリア式「iPhone」生活泣き笑い

初めは簡単!

ここ数年、ヨーロッパでもiPhoneの人気はすさまじい。スイス人の高校生は、iPhone欲しさに夏休みをサービスエリア食堂のアルバイトで費やした。知人のイタリア人医師は夫人用とともに2機購入。その勢いで固定電話をやめてしまった。人々のこうしたiPhoneへの思い入れは、近頃クルマが話題になることが少なくなったのと対照的だ。

そういうボクも、遅ればせながら2010年にiPhoneの新品を手に入れた。最新型の「iPhone 4」ではなく「iPhone 3GS」である。幸いにしてイタリアではiPhone本体さえ持っていれば、使い始めるのは簡単だ。
音声通話やSMS送受信だけの使用だったら、従来使っていた携帯電話のSIMカードをiPhoneに差し替えるだけである。SIMフリーなので、いつでもSIMカードさえ入れ替えれば別の会社に乗り換えられる。ボクも今まで持っていたプリペイド式携帯電話のSIMカードをiPhoneに差し替えた。

ちなみにプリペイドのチャージは、イタリアの一般的プリペイド同様、タバッキ(タバコ屋さん)やエディーコラ(新聞販売店)などでお金を払って、携帯電話番号を告げれば、店の人が端末に入力してくれて、すぐに完了する。

そのうえでインターネットや電子メールを使いたい場合は、加入している通信事業者のサイトで料金コースを選び、ウェブ申込すればよい。この場合もプリペイドというのがあって、ボクの場合は週3ユーロ(約330円)/250メガバイトのコースを使うことにした。通信料は先ほどの通話料(チャージ料金)から引き落とされる。外出が少ない週は家の中でWiFiを使っていればよいので、週単位というのは大変助かる。

わが家にやってきたイタリア人医師夫妻。食事中もiPhoneでオークションサイトの動向をチェック。
わが家にやってきたイタリア人医師夫妻。食事中もiPhoneでオークションサイトの動向をチェック。
スイス人高校生フローリアンは夏にバイトをしてiPhoneを購入。同じく新しいモノ好きで「トヨタ・プリウス」も持っている近所のおじさんと。
スイス人高校生フローリアンは夏にバイトをしてiPhoneを購入。同じく新しいモノ好きで「トヨタ・プリウス」も持っている近所のおじさんと。
フローリアンもしかり。みんなが食べている間もiPhoneに夢中。
フローリアンもしかり。みんなが食べている間もiPhoneに夢中。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。