クライスラー300Cに77万円安の左ハンドル車

2011.01.06 自動車ニュース

「300C 3.5 左ハンドル」
クライスラー、300Cにお買い得な「左ハンドル」モデルを追加。

「クライスラー300C」に77万円安の左ハンドル車

クライスラー日本は、クライスラーブランドのフラッグシップセダン「300C」の3.5リッターモデルに左ハンドル仕様車を追加設定し、2011年1月8日に発売する。


インテリアカラーは、従来通りダークストレートグレーのみ。
クライスラー、300Cにお買い得な「左ハンドル」モデルを追加。

これまで日本に導入されていた「クライスラー300C」は、3.5リッターエンジンを搭載した「3.5」と5.7リッターのハイパフォーマンスモデル「5.7 HEMI」。「3.5」は右ハンドルのみ、「5.7 HEMI」は左ハンドルのみがラインナップされていた。今回、新たに加わった3.5リッターの左ハンドル仕様車は、ハンドル位置の違いだけでなく、装備が加えられ、価格が引き下げられたのもポイントだ。

具体的には、右ハンドル仕様では、設定されないパワーガラスサンルーフが与えられるほか、上級モデル「5.7 HEMI」と同じ自動防眩機能付きドアミラー(運転席側のみ)や電動チルト&テレスコピックステアリング、本木目/革巻きステアリング、本木目コンソールベゼル/グローブボックス/ドアトリムが採用される。さらに、上級モデルでもオプション設定となるHDDナビゲーションシステムが標準装備となる。
ボディカラーは、ブリリアントブラッククリスタル、ブライトシルバーメタリック、ミネラルグレーメタリックの計3色だ。

価格は、398万円。右ハンドル仕様よりも77万6500円安く設定された。

(文=滝本 智志(Office Henschel))

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

300Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.18 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    モデルチェンジを受けたクライスラーのフラッグシップセダン「300」が上陸した。フィアット傘下でアメリカンフルサイズはどう生まれ変わったのか。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • クライスラー300 SRT8(FR/5AT)【試乗記】 2013.2.26 試乗記 クライスラー300 SRT8(RWD/5AT)
    ……653万円

    一見「薄味」。しかしフィアットの指揮のもとで進化した「300 SRT8」は、欧州勢に引けを取らない洗練を手にしていた。あらためて、クルマは乗らなきゃわからない。
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • フィアット クライスラー ジャパン フルラインナップ試乗会/ジープ、クライスラー編【試乗記】 2013.8.23 試乗記 経営統合によってフィアット クライスラー ジャパンが設立されてから1年あまり。ディーラーネットワークの拡充計画が発表されるなど、ここにきて同社の周辺がにぎやかになってきた感がある。同社のオールラインナップ試乗会、後編は4WD仕様を加えた「ジープ・コンパス」を中心にリポートする。
ホームへ戻る