クライスラー300Cに77万円安の左ハンドル車

2011.01.06 自動車ニュース

「300C 3.5 左ハンドル」
クライスラー、300Cにお買い得な「左ハンドル」モデルを追加。

「クライスラー300C」に77万円安の左ハンドル車

クライスラー日本は、クライスラーブランドのフラッグシップセダン「300C」の3.5リッターモデルに左ハンドル仕様車を追加設定し、2011年1月8日に発売する。


インテリアカラーは、従来通りダークストレートグレーのみ。
クライスラー、300Cにお買い得な「左ハンドル」モデルを追加。

これまで日本に導入されていた「クライスラー300C」は、3.5リッターエンジンを搭載した「3.5」と5.7リッターのハイパフォーマンスモデル「5.7 HEMI」。「3.5」は右ハンドルのみ、「5.7 HEMI」は左ハンドルのみがラインナップされていた。今回、新たに加わった3.5リッターの左ハンドル仕様車は、ハンドル位置の違いだけでなく、装備が加えられ、価格が引き下げられたのもポイントだ。

具体的には、右ハンドル仕様では、設定されないパワーガラスサンルーフが与えられるほか、上級モデル「5.7 HEMI」と同じ自動防眩機能付きドアミラー(運転席側のみ)や電動チルト&テレスコピックステアリング、本木目/革巻きステアリング、本木目コンソールベゼル/グローブボックス/ドアトリムが採用される。さらに、上級モデルでもオプション設定となるHDDナビゲーションシステムが標準装備となる。
ボディカラーは、ブリリアントブラッククリスタル、ブライトシルバーメタリック、ミネラルグレーメタリックの計3色だ。

価格は、398万円。右ハンドル仕様よりも77万6500円安く設定された。

(文=滝本 智志(Office Henschel))

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • フィアット クライスラー ジャパン フルラインナップ試乗会/ジープ、クライスラー編【試乗記】 2013.8.23 試乗記 経営統合によってフィアット クライスラー ジャパンが設立されてから1年あまり。ディーラーネットワークの拡充計画が発表されるなど、ここにきて同社の周辺がにぎやかになってきた感がある。同社のオールラインナップ試乗会、後編は4WD仕様を加えた「ジープ・コンパス」を中心にリポートする。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • クライスラー300C SRT8(FR/5AT)【試乗記】 2006.7.26 試乗記 クライスラー300C SRT8(FR/5AT)
    ……726万6000円

    ゴツさが人気の「クライスラー300C」にハイパフォーマンスモデルが登場。ただでさえ大きな5.7リッターOHVのHEMIユニットを6.1リッターまで拡大した心臓に、併せてチューニングされた足まわりを持つ。ゴツいだけじゃない、このクルマの真骨頂とは?


ホームへ戻る