【スペック】全長×全幅×全高=4450×1850×1300mm/ホイールベース=2350mm/車重=1600kg/駆動方式=4WD/3.8リッター水平対向6 DOHC24バルブターボ(530ps/6250-6750rpm、71.4kgm/2100-4250rpm)/価格=2365万円(テスト車=2434万5000円/ナチュラルレザーインテリア=21万1000円/Porscheロゴ、ヌバックレザートリム付きフロアマット=3万2000円/前席シートヒーター=7万7000円/前席シートベンチレーター=20万円/カーボンインテリアパッケージ=17万5000円)

ポルシェ911ターボS(4WD/7AT)【試乗記】

そこまでしなくても…… 2011.01.04 試乗記 ポルシェ911ターボS(4WD/7AT)
……2434万5000円

「911ターボ」に、さらに30psのパワーを上積みし、各種高性能装備を標準搭載した「911ターボS」って、いったいどんなクルマ?

「911ターボ」の「S」化

「ポルシェ911ターボS」の全力加速を試したあと、思わず笑ってしまった。自分で運転していたのに、ちょっと気分が悪くなったからだ。
530psと71.4kgmものアウトプットをたたき出す過給機付きフラット6。3.8リッター。静止状態から100km/hに達するのに、3.3秒しかかからない。前方に吸い込まれるような加速感があまりに強烈で、生理的な恐怖感がわきあがる。「同乗者がいるときは、決してフルスロットルにするまい」と思う。

「ターボS」には、レーシングスタートに備えて、911自身が最大効率の加速を得られるように統合制御してくれる「ローンチコントロール」機能も標準で備わるが、それは知識レベルにとどめておいたほうがよさそうだ。

911ターボSは、「911ターボ」の豪華版。多くのオプション装備が標準化された。性能面では、オプションの「スポーツクロノパッケージ・ターボ」を搭載した911ターボが得られるオーバーブースト時の過給圧が、ターボSではフルスロットル時の常態となる。

911ターボSのお値段は2365万円。お買い得な価格設定だ。2000万円超でお買い得!? では、ためしに普通の911ターボをターボSにしてみよう。もちろん、実際にはターボSにはならないが、装備やスペック面で近づけることはできる。

ポルシェ911ターボ(6MT)2015万円也。
・ホイールを「19インチRSスパイダーホイール(センターロック)」に。これはバネ下の軽量化に効くはず。追加62万円。
・シートは、電動で調整でき、シートポジションはじめ、ドアミラー、ランバーサポートの設定までメモリー可能な「アダプティブスポーツシート」に。17万9000円。ターボSルックにするには、レザーは2トーンにしなければ(+6万6000円)。
・カーブでヘッドランプが動き、進行方向曲がった先を照らしてくれる「ダイナミックコーナリングライト」(+12万4000円)。

ここまでですでに98万9000円の追加料金だが、911ターボの「S」化計画、本番はこれからである。

 
ポルシェ911ターボS(4WD/7AT)【試乗記】の画像
標準装備のアダプティブスポーツシート。「ターボS」には専用のツートンレザーのインテリアトリムが設定されるが、テスト車はナチュラルレザーインテリア(ナチュラルブラウン)がオプションで装備。
標準装備のアダプティブスポーツシート。「ターボS」には専用のツートンレザーのインテリアトリムが設定されるが、テスト車はナチュラルレザーインテリア(ナチュラルブラウン)がオプションで装備。
 
ポルシェ911ターボS(4WD/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る