【スペック】全長×全幅×全高=4640×1940×1265mm/ホイールベース=2680mm/車重=1690kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8気筒DOHC32バルブ(571ps/6800rpm、66.3kgm/4750rpm)/価格=2430万円(テスト車=2996万円)

メルセデス・ベンツSLS AMG(FR/7AT)【試乗記】

スポーツカー純情派 2010.12.29 試乗記 メルセデス・ベンツSLS AMG(FR/7AT)
……2996万円

メルセデスのスーパーカー「SLS AMG」は外観こそゴージャスであるけれど、そのドライブフィールは研ぎ澄まされたものだった。

オマージュにあらず

30歳代前半の義妹に「世界的に見れば坂口憲二よりお父さんの坂口征二のほうが100倍ビッグだ」という話をしたら、「はぁ?」と返され、その後でかわいそうな人を見る目で見られてしまった……。
だってお父さんは柔道家としては日本一、プロレスラーとしても北米王者でニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでメインを張った、と反撃しようと思ってヤメた。自慢気に昔話をするのはオジサンの悪い癖だ。

「メルセデス・ベンツSLS AMG」についても、1950年代の名車「300SL」の現代的解釈、みたいな色眼鏡で見るのはよそうと思う。このクルマは歴史を振り返るために開発されたわけではなく、軽量化のため基本骨格にアルミを用いたことやメルセデス初のデュアルクラッチ式セミATの採用など、新時代にチャレンジするモデルなのだ。

生い立ちをもう少し遡ると、メルセデスのチューニングやモータースポーツ活動を担当するAMGが初めてゼロから開発した市販モデルというところに行き当たる。最終的にはメルセデスの意向もあって「300SL」を彷彿(ほうふつ)とさせるガルウイングドアが採用されたが、開発時点では「300SL」の“サ”の字もなかったという。
駆動方式はFRで、最高出力571psを発生する6.3リッターのV8エンジンをフロントに積む。車両本体価格は2430万円。もちろん目ん玉が飛び出すほどの高額モデルであることに間違いはないけれど、626psのV8+スーパーチャージャーを積んだ「メルセデス・ベンツSLRマクラーレンロードスター」が7000万円だったことを思い出すと……、それでも安いとは思えませんね。

ハネ上がったガルウイングドアを閉めながら、子猫が昼寝できそうなぐらい幅広いサイドシルをまたいで乗り込む。ここで、エレガントにシートに腰掛けるにはちょっとしたコツがいる。

インテリアのトリムにカーボンを用いた「AMGカーボンインテリアトリム」は55万円(!)のオプション。
インテリアのトリムにカーボンを用いた「AMGカーボンインテリアトリム」は55万円(!)のオプション。
オプションのカーボンセラミックブレーキの径は、前が402mm、後ろが360mm。タイヤサイズは、前265/35ZR19、後295/30ZR20。
オプションのカーボンセラミックブレーキの径は、前が402mm、後ろが360mm。タイヤサイズは、前265/35ZR19、後295/30ZR20。
リトラクタブルリアスポイラーは、速度が120km/h以上になると自動的に立ち上がり、80km/h以下になると自動で収納される。
リトラクタブルリアスポイラーは、速度が120km/h以上になると自動的に立ち上がり、80km/h以下になると自動で収納される。
関連記事
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る