【スペック】全長×全幅×全高=4640×1940×1265mm/ホイールベース=2680mm/車重=1690kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8気筒DOHC32バルブ(571ps/6800rpm、66.3kgm/4750rpm)/価格=2430万円(テスト車=2996万円)

メルセデス・ベンツSLS AMG(FR/7AT)【試乗記】

スポーツカー純情派 2010.12.29 試乗記 メルセデス・ベンツSLS AMG(FR/7AT)
……2996万円

メルセデスのスーパーカー「SLS AMG」は外観こそゴージャスであるけれど、そのドライブフィールは研ぎ澄まされたものだった。

オマージュにあらず

30歳代前半の義妹に「世界的に見れば坂口憲二よりお父さんの坂口征二のほうが100倍ビッグだ」という話をしたら、「はぁ?」と返され、その後でかわいそうな人を見る目で見られてしまった……。
だってお父さんは柔道家としては日本一、プロレスラーとしても北米王者でニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでメインを張った、と反撃しようと思ってヤメた。自慢気に昔話をするのはオジサンの悪い癖だ。

「メルセデス・ベンツSLS AMG」についても、1950年代の名車「300SL」の現代的解釈、みたいな色眼鏡で見るのはよそうと思う。このクルマは歴史を振り返るために開発されたわけではなく、軽量化のため基本骨格にアルミを用いたことやメルセデス初のデュアルクラッチ式セミATの採用など、新時代にチャレンジするモデルなのだ。

生い立ちをもう少し遡ると、メルセデスのチューニングやモータースポーツ活動を担当するAMGが初めてゼロから開発した市販モデルというところに行き当たる。最終的にはメルセデスの意向もあって「300SL」を彷彿(ほうふつ)とさせるガルウイングドアが採用されたが、開発時点では「300SL」の“サ”の字もなかったという。
駆動方式はFRで、最高出力571psを発生する6.3リッターのV8エンジンをフロントに積む。車両本体価格は2430万円。もちろん目ん玉が飛び出すほどの高額モデルであることに間違いはないけれど、626psのV8+スーパーチャージャーを積んだ「メルセデス・ベンツSLRマクラーレンロードスター」が7000万円だったことを思い出すと……、それでも安いとは思えませんね。

ハネ上がったガルウイングドアを閉めながら、子猫が昼寝できそうなぐらい幅広いサイドシルをまたいで乗り込む。ここで、エレガントにシートに腰掛けるにはちょっとしたコツがいる。

インテリアのトリムにカーボンを用いた「AMGカーボンインテリアトリム」は55万円(!)のオプション。
インテリアのトリムにカーボンを用いた「AMGカーボンインテリアトリム」は55万円(!)のオプション。
オプションのカーボンセラミックブレーキの径は、前が402mm、後ろが360mm。タイヤサイズは、前265/35ZR19、後295/30ZR20。
オプションのカーボンセラミックブレーキの径は、前が402mm、後ろが360mm。タイヤサイズは、前265/35ZR19、後295/30ZR20。
リトラクタブルリアスポイラーは、速度が120km/h以上になると自動的に立ち上がり、80km/h以下になると自動で収納される。
リトラクタブルリアスポイラーは、速度が120km/h以上になると自動的に立ち上がり、80km/h以下になると自動で収納される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLSクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る