第420回:ヤルときゃヤルじゃん、ニッポン!
 ガンバレ、JETROコピーパーツ摘発隊!!

2010.12.28 エッセイ

第420回:ヤルときゃヤルじゃん、ニッポン! ガンバレ、JETROコピーパーツ摘発隊!!

本体は減ったが、パーツのコピーは増殖中

いやー、ヤルじゃないですかニッポン! なにかと言うと中国にやられっぱなしのイメージのわが国。尖閣問題はもとより今回の広州モーターショーでも、ついぞ驚異の連続二ケタ成長の国、中国に無言のプレッシャーをかけられ続けてる不肖小沢ではありますが、その中で唯一希望というか、勇気をもらった集団がありました。
それはメイン館2階ロビーの「JETRO」こと日本貿易振興機構による「NO FAKE PARTS」ブース。正直、この手の団体にあまりイメージはありませんでしたが、非常に重要かつ必要なことをされてると思った次第だ。

具体的にはトヨタ、日産、ホンダ、マツダ、いすゞ、旭硝子、デンソー、KYBという日本の8メーカーがそれぞれブースを設け、中国人ユーザーやメーカー関係者に直接訴えているのだが、テーマは何あろう、コピーパーツ問題!!

「いくら摘発を繰り返しても、いたちごっこで、やはり元から啓蒙活動していくしかないということになりまして」(KYB)
「一般的には自動車本体のコピーの方が有名ですが、そっちはかなり減ってて今の本当の問題はパーツなんです。こちらは減るどころか増え続けてる状態で」(トヨタ)

わかりやすいところでは、エンジンのオイルフィルターやプラグなど消耗パーツのニセモノだが、それ以上に問題で、許し難いと思ったのが安全に直接つながるガラスやショックアブソーバーやエアバッグのコピー問題だ。
たとえばエアバッグについて主に活動している日産は「もちろん最初は正規パーツが付いてます。付いてるのをわざわざ取り替える人はいませんから。本当の問題は事故を起こした後の補修で、ニセモノどころか、エアバッグが入ってないカバーを付ける時もあるんです。今の中国は多少の事故車だろうが平気で乗りますから、そんなので事故を起こされたりしたら……」と危惧(きぐ)している。

聞いて驚くどころか怒りすら感じるではないか! もちろん事故を起こした後に正規ディーラーに行けば、正しい修理を施し、正規パーツに交換してくれる。しかしそういうところは修理代が高く、安さ第一と考える余裕のない中国人ユーザーの多くは、市井の修理屋に行くことになる。すると「そういうところの7〜8割は正規パーツを付けない」(関係者)というのだ。なぜなら正規パーツより微妙に安いだけでなく、売る側も原価にして4、5倍は違うという。安く買いたい気持ちはわかるのだが、問題はそれを付けてクラッシュした場合、当然非常に危ないということだ。
「エアバッグはわかりやすいですが、ショックアブソーバーにしても制動距離が確実に伸びますから危険です。しかも付けた当初はそれなりの性能を発揮するから、さらに問題がやっかいで……」(KYB)


第420回:ヤルときゃヤルじゃん、ニッポン! ガンバレ、JETROコピーパーツ摘発隊!!の画像
広州モーターショーのJETROブースの様子。
広州モーターショーのJETROブースの様子。

第420回:ヤルときゃヤルじゃん、ニッポン! ガンバレ、JETROコピーパーツ摘発隊!!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』