第419回:ビックリ“規格外”広州モーターショー
 もしやここが中国のデトロイトなのかも?

2010.12.27 エッセイ

第419回:ビックリ“規格外”広州モーターショー もしやここが中国のデトロイトなのかも?

怖いくらいにデカい!!

いやー、ビックラこきました。第8回広州モーターショー! 上海、北京にも負けないほどスケールデカいってウワサを聞きつけて、今回初めて行ってみたんだけど、ホントにデカい! いや、デカいっていうより“規格外”だわ。
前回より拡大したという会場のデカさやショーカーの数はもちろん、街のビルの大きさや雑多な雰囲気まで含め、つくづく「中国恐るべし!」って感じでしたね。

まず、プレスデイ初日の12月20日の朝7時にタクシーで現場入り。会場は市内にあって便利は便利なのだが、朝もやかすむなかにデカいロールケーキのような建物があって、これ一つで幕張メッセの展示ホールをすべてあわせた2倍を超える16万平方メートル。それに、まわりに同じ見た目の会場が3つあって、まだ全部使われてない。もしこれが今後10年もしないうちに全部使われるとしたら……!? と考えるとぞっとしましたね。

でもそれもあながち妄想ではない。2010年の中国自動車販売は史上最多の1800万台に達すると目され、これは現状日本の500万台弱はもちろん、全米過去最高の1700万台も凌駕(りょうが)。2011年には大台の年2000万台超えも確実とされ、保有台数はすでに8500万台と世界第2位の日本を超えており、1位の北米を抜くのも時間の問題と言われている。
実際2020年には保有2億台に達するとも言われ、そうなった暁には広州ショーで4会場全制覇! も夢ではない。

そのほか報道によると、ショーカー全890台、パーツ関係を含め出展メーカー数は600社。ワールドプレミアは5車種にのぼり、チャイナプレミア45車種、コンセプトカーだけで30車種も展示される。斜陽の東京モーターショーに比べ、まさに太陽が昇る勢いの広州ショーなのだ。

なぜにこんなに勢いあるのかって、土地柄もあるのだろう。首都の北京、大都市の上海に比べ、広州は「中国第三の都市」ということにはなってるものの工場の多さは有数で、日系三社のトヨタ、ホンダ、日産が大工場を備えるだけでなく、ヒュンダイはトラック工場を持ち、先日フォルクスワーゲンも同じ広東省に工場建設を決めた。
いわば“中国のデトロイト”であり、自動車に対するパワーは北京、上海を上回るのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』