スズキ、三菱にコンパクトカーをOEM供給

2010.12.24 自動車ニュース

スズキ、三菱にコンパクトカーをOEM供給

スズキは2010年12月24日、三菱自動車工業にコンパクトカー「ソリオ」をOEM供給することで合意したと発表した。

同日発表された新型「スズキ・ソリオ」は、1.2リッターエンジン搭載のコンパクトハイトワゴン。三菱は、同社に無いジャンルのクルマを補うことで、ラインナップを強化する考えだ。一方のスズキは、量産効果を高めることで、開発製造コストの削減や、生産性の向上を狙う。

2011年春から、月間800台程度の車両がOEM供給されるという。
なお、今回の合意内容は、国内市場に限定したものとアナウンスされている。

(webCG 本諏訪)

三菱自動車にOEM供給される「スズキ・ソリオ」。
三菱自動車にOEM供給される「スズキ・ソリオ」。 拡大

関連キーワード:
ソリオスズキ三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • 「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車 2016.12.8 自動車ニュース スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ バンディット」の特別仕様車「Fリミテッド」を発売。メッキのドアハンドルやラックススエードとレザー調皮革のコンビシートなどが採用された内外装が特徴となっている。
  • ホンダが新型「CR-V」に関する情報を先行公開 2018.6.8 自動車ニュース 本田技研工業は2018年6月8日、同年夏に発売を予定している新型「CR-V」に関する情報を、同社のウェブサイトで先行公開した。CR-Vは、1995年にSUVの先駆けとして登場。現在は世界160カ国以上で販売される、ホンダを代表するグローバルモデルとなっている。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
ホームへ戻る