スズキ、三菱にコンパクトカーをOEM供給

2010.12.24 自動車ニュース

スズキ、三菱にコンパクトカーをOEM供給

スズキは2010年12月24日、三菱自動車工業にコンパクトカー「ソリオ」をOEM供給することで合意したと発表した。

同日発表された新型「スズキ・ソリオ」は、1.2リッターエンジン搭載のコンパクトハイトワゴン。三菱は、同社に無いジャンルのクルマを補うことで、ラインナップを強化する考えだ。一方のスズキは、量産効果を高めることで、開発製造コストの削減や、生産性の向上を狙う。

2011年春から、月間800台程度の車両がOEM供給されるという。
なお、今回の合意内容は、国内市場に限定したものとアナウンスされている。

(webCG 本諏訪)

三菱自動車にOEM供給される「スズキ・ソリオ」。
スズキ、三菱にコンパクトカーをOEM供給

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドMV(FF/CVT)【試乗記】 2015.11.29 試乗記 5ナンバーサイズのコンパクトカーと軽自動車の間という、絶妙なボディーサイズが特徴の「スズキ・ソリオ」。人気の軽ハイトワゴン&軽トールワゴンではなく、あえてこのサイズのコンパクトワゴンを選ぶ意義とは? 競合車にはないソリオならではの魅力を探る。
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッド:合理的で美しい 2015.11.5 自動車ニュース 第44回東京モーターショーにおいて、スズキブースの片隅に展示された青いコンパクトワゴン。一見するとただの「ソリオ バンディット」なのだが、実はこれ、スズキが独自に開発中のハイブリッドカーなのだ。いかにも“スズキらしい”その機構の特徴を解説する。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る