「スズキ・ランディ」がフルモデルチェンジ

2010.12.24 自動車ニュース

「スズキ・ランディ」がフルモデルチェンジ

スズキは2010年12月21日、日産自動車からOEM供給を受ける3列シートミニバン「ランディ」をフルモデルチェンジし、発売した。

2010年11月29日に行われた「日産セレナ」のフルモデルチェンジにともない、「ランディ」も全面改良された。

新型「ランディ」のフロントマスクは、セレナと異なる、水平基調の大型メッキグリルが採用される。基本的な装備はセレナとほぼ同等。室内空間の向上に加え、スライドドア開口部の拡大などにより、使い勝手の良さがアピールされる。
機関面でもセレナ同様に、新開発の2リッター直4ガソリン直噴エンジンにCVTを組み合わせる。上級モデルにはアイドリングストップシステムが備わり、10・15モード燃費はFF車で15.4km/リッターを実現した。

グレードは、ベーシックな「2.0S」と、ディスチャージヘッドランプや両側パワースライドドア、本革巻ステアリングホイールなどを装備した上級モデルの「2.0G」の2種。それぞれにFFと4WDが用意される。

内装色は、「2.0S」はブラック、「2.0G」がグレー。ボディカラーは、全5色が設定される。

価格は、222万750円から291万9000円。

(webCG ワタナベ)

「スズキ・ランディ 2.0G」
「スズキ・ランディ 2.0G」
「2.0S」の内装。
「2.0S」の内装。
「ランディ 2.0S」
「ランディ 2.0S」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランディの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ最大の8人乗りミニバン「ランディ」発売 2007.1.25 自動車ニュース スズキはミニバン「ランディ」を2007年1月22日に発売した。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る