「スズキ・ランディ」がフルモデルチェンジ

2010.12.24 自動車ニュース

「スズキ・ランディ」がフルモデルチェンジ

スズキは2010年12月21日、日産自動車からOEM供給を受ける3列シートミニバン「ランディ」をフルモデルチェンジし、発売した。

2010年11月29日に行われた「日産セレナ」のフルモデルチェンジにともない、「ランディ」も全面改良された。

新型「ランディ」のフロントマスクは、セレナと異なる、水平基調の大型メッキグリルが採用される。基本的な装備はセレナとほぼ同等。室内空間の向上に加え、スライドドア開口部の拡大などにより、使い勝手の良さがアピールされる。
機関面でもセレナ同様に、新開発の2リッター直4ガソリン直噴エンジンにCVTを組み合わせる。上級モデルにはアイドリングストップシステムが備わり、10・15モード燃費はFF車で15.4km/リッターを実現した。

グレードは、ベーシックな「2.0S」と、ディスチャージヘッドランプや両側パワースライドドア、本革巻ステアリングホイールなどを装備した上級モデルの「2.0G」の2種。それぞれにFFと4WDが用意される。

内装色は、「2.0S」はブラック、「2.0G」がグレー。ボディカラーは、全5色が設定される。

価格は、222万750円から291万9000円。

(webCG ワタナベ)

「スズキ・ランディ 2.0G」
「スズキ・ランディ 2.0G」
「2.0S」の内装。
「2.0S」の内装。
「ランディ 2.0S」
「ランディ 2.0S」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「スズキ・ランディ」がフルモデルチェンジ 2016.12.13 自動車ニュース スズキは2016年12月13日、3列シートミニバン「ランディ」をフルモデルチェンジし、同年12月20日に発売すると発表した。ランディは「日産セレナ」の姉妹モデルにあたり、日産からOEM供給を受けて販売されるモデルである。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る