【スペック】全長×全幅×全高=4635×1905×1840mm/ホイールベース=2690mm/車重=1970kg/駆動方式=4WD/4リッターV6DOHC24バルブ(276ps/5600rpm、38.8kgm/4400rpm)/価格=324万円(テスト車=353万1900円)

トヨタFJクルーザー カラーパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】

SUVのピーコック革命 2010.12.24 試乗記 トヨタFJクルーザー カラーパッケージ(4WD/5AT)
……353万1900円

北米向けに開発されたトヨタの本格派オフローダー「FJクルーザー」が日本に導入。まずはどんなクルマなのかオンロードで試してみた。

ポップな本格SUV

「ランクル40」系へのオマージュを込めたレトロデザインだと聞いていたのだが、試乗会場で目撃したのはオモチャ感覚(いい意味で)あふれるモダンカーだった。四駆だのオフロードだのといった空気も漂っておらず、コンセプトカー風のいでたちだ。
70年代的なテイストともいえるけれど、後ろ向きというよりは新鮮な感覚。1999年の東京モーターショーに出展されたフォードのコンセプトカー「021C」を思い出してしまった。キッチュでポップな、シティ・ビークル。無骨でハードボイルドなイメージなんてない。

ちなみに、今回の試乗ではオフロードコースが設定されていなかったため、四駆性能に関しては試していないのでまったくわからない。トランスファーノブなんて、触れてもいない。「ランドクルーザープラド」ベースだというのだから、たぶんしっかり悪路を走るのだろう。そのあたりは、後ほど別の試乗記でしっかりチェックするはずなので、お楽しみに。

ポップ仕様とはいえ本格SUVなのだから、乗り込むのはやはり登る感覚だ。重厚感あふれる、というよりメチャ重いドアを開け、アシストグリップをつかみステップに足をかけてはい上がる。後席に収まるためには、もう一つ力仕事をしなければならない。観音開きタイプになっていて、内側のハンドルを引いてヨイショと引っ張る。「マツダRX-8」と同様、フロントドアが閉まっていると自力では脱出できない。座って横を見るとちょうどリアクオーターパネルでふさがれていて、はめ殺しの小さな窓は少し前にある。閉所恐怖気味の人には、ちょっとツラそうだ。

全席に、はっ水・防水ファブリックシート表皮を採用。
全席に、はっ水・防水ファブリックシート表皮を採用。
リアドアは90度の開口が可能で、後席への乗り降りもスムーズに行える。
リアドアは90度の開口が可能で、後席への乗り降りもスムーズに行える。

トヨタFJクルーザー カラーパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)【試乗記】 2011.2.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)
    ……336万7850円

    オフロード性能も本格的! 「FJクルーザー」はルックスだけでなく、ヘビーデューティさでもランクルの魂を継承していた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「メルセデスAMG G63」に試乗する。レーシングドライバー視点で“ゲレンデヴァーゲン”を斬る!
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)【海外試乗記】 2008.6.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)

    日本ではあまり聞き慣れないトヨタのSUV「FJクルーザー」。1960年代のランドクルーザー「40系」のスタイルを再現した、トヨタが北米向けに生産するモデルだ。自動車ジャーナリスト河村康彦がアメリカで試乗した。
ホームへ戻る