体育会系インプレッサ「spec C」、さらに強く

2010.12.21 自動車ニュース

体育会系インプレッサ「spec C」、さらに強く

富士重工業は、「スバル・インプレッサWRX STI spec C(スペックC)」の2010年モデルを、2010年12月21日に発売した。

「スバル・インプレッサWRX STI spec C」は、スポーティな「スバル・インプレッサWRX STI」(5ドアハッチバック)をベースに、モータースポーツを戦うことも見据えてパフォーマンスを向上させた、いわば“体育会系モデル”。今回、イヤーモデルとしての小変更が施された。

ターボのタービン部分に専用のボールベアリングを採用しレスポンスのよさを追求したという2リッターの水平対向ユニットは、308ps/6400rpmの出力はそのままに、ECUのチューニングを変更することで、最大トルクが43.0kgm/4400rpmから43.8kgm/3200rpmへとアップ。
昨年モデルでは標準だったSRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグを、レカロ製シートとのセットオプションとすることにより、10kgの軽量化も図られた。

そのほか、2009年7月のデビュー時から軽量化のポイントだったアルミ製ボンネットや小型軽量バッテリー、薄型のフロントガラスは継承。
専用セッティングを施された足まわりについても、2010年7月のマイナーチェンジでフロントロアアームのピロボールブッシュを採用したり、フロントスタビライザーのサイズやダンパーの減衰力を変更するなど、シャシー性能の見直しが図られて以降変更はない。

「WRX STI spec C」の価格は、332万8500円(17インチタイヤ仕様車)と364万3500円(18インチタイヤ仕様車)。
なお、この2010年モデルは競技使用のためのホモロゲーションは取得されないが、既に取得済みの2009年モデルに対して、上述のパフォーマンス向上が得られる「コンバージョンキット」が用意されるとのことである。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサWRX STI spec C」
「スバル・インプレッサWRX STI spec C」
2リッターの水平対向ユニットには、インタークーラーウォータースプレーが備わる。
2リッターの水平対向ユニットには、インタークーラーウォータースプレーが備わる。
体育会系インプレッサ「spec C」、さらに強くの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
ホームへ戻る