STIチューンの4ドア「インプレッサ」発売

2010.12.21 自動車ニュース

STIチューンの4ドア「インプレッサ」発売

富士重工業のモータースポーツ部門を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)は2010年12月21日、コンプリートカー「スバル・インプレッサWRX STI tS/WRX STI A-Line tS」を発表。2011年1月25日に400台限定で発売する。

「スバル・インプレッサWRX STI tS/WRX STI A-Line tS」は、スバルのハイパフォーマンスな4ドアセダン「インプレッサWRX STI/WRX STI A-Line」をベースに、STIが独自のチューニングを施したコンプリートカーだ。

これまで“tS”名を冠してきたスペシャルモデルと同様に、シャシーには、専用の前後ダンパーやスプリング、さらに「フレキシブルタワーバー・フロント」「フレキシブルサポート・リヤ」「ピロボールブッシュリヤサスリンク」などのスペシャルパーツを装備。

さらに今回は、東レと共同開発した硬くて軽いルーフパネル「カーボンルーフ」の採用で、低重心化と操縦安定性の向上も図られ、「STIコンプリートカーならではの、強靭(きょうじん)でしなやかな走りを実現した」とされる。

エンジンのスペックについては、2.5リッターターボエンジンと5段ATを組み合わせる「WRX STI A-Line tS」はベースモデルと変わらない(300ps/6200rpm、35.7kgm/2800-6000rpm)が、2リッターターボエンジンを積む6段MT仕様の「WRX STI tS」は、ボールベアリングツインスクロールターボの採用により、最大トルクが0.8kgmアップ。その発生回転数も1200rpm下げられた(306ps/6400rpm、43.8kgm/3200rpm)。

そのほか、専用デザインのフロントスポイラーやトランクスポイラー、18インチアルミホイール、アルカンターラと本革を組み合わせたレカロ製シート(WRX STI A-Line tSにはオプション)もスペシャルモデルならではの装備となっている。

価格は、以下のとおり。(カッコ内はベースモデルとの価格差)
・「WRX STI tS」:472万5000円(+98万7000円)
・「WRX STI A-Line tS」:422万1000円(+107万1000円)

2011年3月14日の受注分まで、限定400台で販売される。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサWRX STI tS」。STIの4ドアセダン型ハイパフォーマンスモデルとしては、2006年11月に発売された「スバル・インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」以来、久々の新型車となる。
「スバル・インプレッサWRX STI tS」。STIの4ドアセダン型ハイパフォーマンスモデルとしては、2006年11月に発売された「スバル・インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」以来、久々の新型車となる。
東レと共同開発したカーボンルーフは、航空機部門をもつ富士重工業ならではの自信作。スチールと同程度の強度を保ちながら、単体重量は20%程度に抑えられるという。
東レと共同開発したカーボンルーフは、航空機部門をもつ富士重工業ならではの自信作。スチールと同程度の強度を保ちながら、単体重量は20%程度に抑えられるという。
フロア下に組み込まれる「STI製フレキシブルドロースティフナー・フロント」。
フロア下に組み込まれる「STI製フレキシブルドロースティフナー・フロント」。
こちらは、STI製の18インチアルミホイール。その内側に見えるブレーキキャリパーはブレンボ製だ。
こちらは、STI製の18インチアルミホイール。その内側に見えるブレーキキャリパーはブレンボ製だ。
走りの楽しみや持つ喜びを享受できるという「インプレッサWRX STI tS」。年配のユーザーも意識して、大型のリアスポイラーは採用されない。
走りの楽しみや持つ喜びを享受できるという「インプレッサWRX STI tS」。年配のユーザーも意識して、大型のリアスポイラーは採用されない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」発表会の会場から 2016.10.13 画像・写真 富士重工業は2016年10月13日、東京・恵比寿の本社で、新型「スバル・インプレッサ」の発表会を開催した。会場の様子を写真でリポートする。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る