STIチューンの4ドア「インプレッサ」発売

2010.12.21 自動車ニュース

STIチューンの4ドア「インプレッサ」発売

富士重工業のモータースポーツ部門を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)は2010年12月21日、コンプリートカー「スバル・インプレッサWRX STI tS/WRX STI A-Line tS」を発表。2011年1月25日に400台限定で発売する。

「スバル・インプレッサWRX STI tS/WRX STI A-Line tS」は、スバルのハイパフォーマンスな4ドアセダン「インプレッサWRX STI/WRX STI A-Line」をベースに、STIが独自のチューニングを施したコンプリートカーだ。

これまで“tS”名を冠してきたスペシャルモデルと同様に、シャシーには、専用の前後ダンパーやスプリング、さらに「フレキシブルタワーバー・フロント」「フレキシブルサポート・リヤ」「ピロボールブッシュリヤサスリンク」などのスペシャルパーツを装備。

さらに今回は、東レと共同開発した硬くて軽いルーフパネル「カーボンルーフ」の採用で、低重心化と操縦安定性の向上も図られ、「STIコンプリートカーならではの、強靭(きょうじん)でしなやかな走りを実現した」とされる。

エンジンのスペックについては、2.5リッターターボエンジンと5段ATを組み合わせる「WRX STI A-Line tS」はベースモデルと変わらない(300ps/6200rpm、35.7kgm/2800-6000rpm)が、2リッターターボエンジンを積む6段MT仕様の「WRX STI tS」は、ボールベアリングツインスクロールターボの採用により、最大トルクが0.8kgmアップ。その発生回転数も1200rpm下げられた(306ps/6400rpm、43.8kgm/3200rpm)。

そのほか、専用デザインのフロントスポイラーやトランクスポイラー、18インチアルミホイール、アルカンターラと本革を組み合わせたレカロ製シート(WRX STI A-Line tSにはオプション)もスペシャルモデルならではの装備となっている。

価格は、以下のとおり。(カッコ内はベースモデルとの価格差)
・「WRX STI tS」:472万5000円(+98万7000円)
・「WRX STI A-Line tS」:422万1000円(+107万1000円)

2011年3月14日の受注分まで、限定400台で販売される。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサWRX STI tS」。STIの4ドアセダン型ハイパフォーマンスモデルとしては、2006年11月に発売された「スバル・インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」以来、久々の新型車となる。
「スバル・インプレッサWRX STI tS」。STIの4ドアセダン型ハイパフォーマンスモデルとしては、2006年11月に発売された「スバル・インプレッサWRX STI spec C TYPE RA-R」以来、久々の新型車となる。
東レと共同開発したカーボンルーフは、航空機部門をもつ富士重工業ならではの自信作。スチールと同程度の強度を保ちながら、単体重量は20%程度に抑えられるという。
東レと共同開発したカーボンルーフは、航空機部門をもつ富士重工業ならではの自信作。スチールと同程度の強度を保ちながら、単体重量は20%程度に抑えられるという。
フロア下に組み込まれる「STI製フレキシブルドロースティフナー・フロント」。
フロア下に組み込まれる「STI製フレキシブルドロースティフナー・フロント」。
こちらは、STI製の18インチアルミホイール。その内側に見えるブレーキキャリパーはブレンボ製だ。
こちらは、STI製の18インチアルミホイール。その内側に見えるブレーキキャリパーはブレンボ製だ。
走りの楽しみや持つ喜びを享受できるという「インプレッサWRX STI tS」。年配のユーザーも意識して、大型のリアスポイラーは採用されない。
走りの楽しみや持つ喜びを享受できるという「インプレッサWRX STI tS」。年配のユーザーも意識して、大型のリアスポイラーは採用されない。
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L(4WD/5MT)/インプレッサG4 2.0i-S(4WD/CVT)【試乗記】 2012.1.23 試乗記 スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L(4WD/5MT)/インプレッサG4 2.0i-S(4WD/CVT)
    ……184万8000円/266万7000円

    初代のデビューから20年の時を経て「スバル・インプレッサ」が4代目に進化。最新型の仕上がりを、巨匠 徳大寺有恒はどう評価する?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る