MINIの新型クーペがお披露目【デトロイトショー2011】

2010.12.21 自動車ニュース
「MINIペースマン コンセプト」
【デトロイトショー2011】MINI、

【デトロイトショー2011】MINI、"SAC"のデザインスタディ「MINIペースマン コンセプト」を出展

独BMWは、2011年1月に開催されるデトロイトモーターショーに、SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)のスタディモデル「MINIペースマン コンセプト」を出展すると発表した。

 
MINIの新型クーペがお披露目【デトロイトショー2011】の画像
 
MINIの新型クーペがお披露目【デトロイトショー2011】の画像

■MINIクロスオーバーのクーペ版

2001年のデトロイトモーターショーで北米デビューを飾ったMINIにとって、2011年は10周年にあたる記念すべき年。そこでBMWは、これにちなんだMINIのスタディモデルを2011年のデトロイトモーターショーに展示する。「MINIペースマン コンセプト」と名付けられたこのクルマは、「MINIカントリーマン(日本名:MINIクロスオーバー)」をベースとした2ドアクーペで、MINIブランドが持つ個性はそのままに、クロスオーバーのアクティブなイメージと走破性、そしてプレミアム性を表現したものだ。

全長4110mm×全幅1789mm×全高1541mmのMINIペースマン コンセプト、そのデザインは実に個性的だ。フロントマスクは、MINIクロスオーバー クーパーSのデザインを受け継ぎながら、フロントバンパー下部にエアインテークを追加することで、ブレーキの冷却能力を高めたという。サイドでは、BピラーとCピラーを隠すデザインを採用し、フラットなルーフ("ヘルメットルーフ")を強調。19インチホイールやブラックのホイールアーチで力強さを表現した。ドアハンドルや給油口にはレザーパーツをあしらい、サイドビューにアクセントを添えている。一方、リアビューは、ユニークなデザインのテールランプや水平のライン、ディフューザーデザインのバンパーがワイド感を演出している。

インテリアについてはショー当日まで"お預け"だが、MINIクロスオーバー同様、"センターレール"のデザインが採用されるという。

 
MINIの新型クーペがお披露目【デトロイトショー2011】の画像
 
MINIの新型クーペがお披露目【デトロイトショー2011】の画像

搭載されるエンジンは、「MINIジョンクーパーワークス」と同じ"ツインスクロールターボ"付き1.6リッター直列4気筒で、最高出力211ps、最大トルク26.5kgm(オーバーブースト時は28.6kgm)の実力を誇る。駆動方式はFFと4WDが用意され、フルタイム4WDは電子制御油圧多板クラッチにより後輪にトルクを伝える「MINI ALL4」を採用する。

BMWは、このMINIペースマン コンセプトにより、「SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)」なるジャンルの確立を狙っているという。デビュー時期は明らかにされていないが、MINIの新しいバリエーションとして正式に発表される日はそう遠くないはずだ。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIペースマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る