MINIの新型クーペがお披露目【デトロイトショー2011】

2010.12.21 自動車ニュース
「MINIペースマン コンセプト」
【デトロイトショー2011】MINI、

【デトロイトショー2011】MINI、"SAC"のデザインスタディ「MINIペースマン コンセプト」を出展

独BMWは、2011年1月に開催されるデトロイトモーターショーに、SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)のスタディモデル「MINIペースマン コンセプト」を出展すると発表した。

 
MINIの新型クーペがお披露目【デトロイトショー2011】の画像
 
MINIの新型クーペがお披露目【デトロイトショー2011】の画像

■MINIクロスオーバーのクーペ版

2001年のデトロイトモーターショーで北米デビューを飾ったMINIにとって、2011年は10周年にあたる記念すべき年。そこでBMWは、これにちなんだMINIのスタディモデルを2011年のデトロイトモーターショーに展示する。「MINIペースマン コンセプト」と名付けられたこのクルマは、「MINIカントリーマン(日本名:MINIクロスオーバー)」をベースとした2ドアクーペで、MINIブランドが持つ個性はそのままに、クロスオーバーのアクティブなイメージと走破性、そしてプレミアム性を表現したものだ。

全長4110mm×全幅1789mm×全高1541mmのMINIペースマン コンセプト、そのデザインは実に個性的だ。フロントマスクは、MINIクロスオーバー クーパーSのデザインを受け継ぎながら、フロントバンパー下部にエアインテークを追加することで、ブレーキの冷却能力を高めたという。サイドでは、BピラーとCピラーを隠すデザインを採用し、フラットなルーフ("ヘルメットルーフ")を強調。19インチホイールやブラックのホイールアーチで力強さを表現した。ドアハンドルや給油口にはレザーパーツをあしらい、サイドビューにアクセントを添えている。一方、リアビューは、ユニークなデザインのテールランプや水平のライン、ディフューザーデザインのバンパーがワイド感を演出している。

インテリアについてはショー当日まで"お預け"だが、MINIクロスオーバー同様、"センターレール"のデザインが採用されるという。

 
MINIの新型クーペがお披露目【デトロイトショー2011】の画像
 
MINIの新型クーペがお披露目【デトロイトショー2011】の画像

搭載されるエンジンは、「MINIジョンクーパーワークス」と同じ"ツインスクロールターボ"付き1.6リッター直列4気筒で、最高出力211ps、最大トルク26.5kgm(オーバーブースト時は28.6kgm)の実力を誇る。駆動方式はFFと4WDが用意され、フルタイム4WDは電子制御油圧多板クラッチにより後輪にトルクを伝える「MINI ALL4」を採用する。

BMWは、このMINIペースマン コンセプトにより、「SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)」なるジャンルの確立を狙っているという。デビュー時期は明らかにされていないが、MINIの新しいバリエーションとして正式に発表される日はそう遠くないはずだ。

(文=生方聡)

関連記事
  • MINIクーパー ペースマン ALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2014.5.20 試乗記 「MINI ペースマン」に4WDの新グレードが登場。“ちょっと非力”だからこそ味わえるMINIならではの走りとともに、あらためてペースマンの魅力に触れた。
  • MINIクーパーD ペースマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.12 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「MINIクーパーD ペースマン」に試乗。強力なトルクと、しっかりストロークするサスペンションが織りなす走りに触れた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る