高性能ルックのスバル・インプレッサ、発売

2010.12.21 自動車ニュース

高性能ルックの「スバル・インプレッサ」発売

富士重工業は、「スバル・インプレッサ」に特別仕様車を設定し、2010年12月21日に発売した。

今回発売された「1.5i-S Limited」と「2.0i-S Limited」は、スポーティな外観がウリの1.5リッターモデル「1.5i-S」と2リッターモデル「2.0i-S」の見た目を、さらにスポーティにしたという特別仕様車だ。

どちらも、「インプレッサ」のハイパフォーマンスグレード「WRX STI」を思わせる大型のルーフスポイラーやメッシュグリル、さらに、ブラックインテリアやダークキャストメタリックのパネル類、赤ステッチのアームレストなどで内外装をドレスアップ。足まわりには専用のスポーティチューニングサスペンションがおごられる。

さらに、「1.5i-S Limited」には、LEDサイドターンランプ付きドアミラー、リアスタビライザー、アルミパッド付きのスポーツペダルが、「2.0i-S Limited」にはアルカンターラと本革を用いたバケットタイプのフロントシートやパドルシフト(AT車)が与えられる。

価格は、「1.5i-S Limited」が159万6000円(FF/5MT)から181万6500円(4WD/4AT)で、「2.0i-S Limited」が205万8000円(FF/4AT)と222万6000円(4WD/4AT)。

「1.5i-S Limited」には、HIDロービームランプやフォグランプ、キーレスアクセス&プッシュスタート、「2.0i-S Limited」と同じアルカンターラと本革を用いたバケットタイプのフロントシートなどがセットになったオプション「プレミアムパッケージ」も20万円で用意される。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサ1.5i-S Limited」
「スバル・インプレッサ1.5i-S Limited」
赤いステッチがスポーティムードを盛り上げる、特別仕様車のインテリア。
赤いステッチがスポーティムードを盛り上げる、特別仕様車のインテリア。
ハイパフォーマンスモデル「インプレッサWRX STI」を思わせる、「1.5i-S Limited」のエクステリア。エアインテークのないボンネットや片出しのマフラーエンドが、実はマイルドなグレードである証拠。
ハイパフォーマンスモデル「インプレッサWRX STI」を思わせる、「1.5i-S Limited」のエクステリア。エアインテークのないボンネットや片出しのマフラーエンドが、実はマイルドなグレードである証拠。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る