高性能ルックのスバル・インプレッサ、発売

2010.12.21 自動車ニュース

高性能ルックの「スバル・インプレッサ」発売

富士重工業は、「スバル・インプレッサ」に特別仕様車を設定し、2010年12月21日に発売した。

今回発売された「1.5i-S Limited」と「2.0i-S Limited」は、スポーティな外観がウリの1.5リッターモデル「1.5i-S」と2リッターモデル「2.0i-S」の見た目を、さらにスポーティにしたという特別仕様車だ。

どちらも、「インプレッサ」のハイパフォーマンスグレード「WRX STI」を思わせる大型のルーフスポイラーやメッシュグリル、さらに、ブラックインテリアやダークキャストメタリックのパネル類、赤ステッチのアームレストなどで内外装をドレスアップ。足まわりには専用のスポーティチューニングサスペンションがおごられる。

さらに、「1.5i-S Limited」には、LEDサイドターンランプ付きドアミラー、リアスタビライザー、アルミパッド付きのスポーツペダルが、「2.0i-S Limited」にはアルカンターラと本革を用いたバケットタイプのフロントシートやパドルシフト(AT車)が与えられる。

価格は、「1.5i-S Limited」が159万6000円(FF/5MT)から181万6500円(4WD/4AT)で、「2.0i-S Limited」が205万8000円(FF/4AT)と222万6000円(4WD/4AT)。

「1.5i-S Limited」には、HIDロービームランプやフォグランプ、キーレスアクセス&プッシュスタート、「2.0i-S Limited」と同じアルカンターラと本革を用いたバケットタイプのフロントシートなどがセットになったオプション「プレミアムパッケージ」も20万円で用意される。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサ1.5i-S Limited」
「スバル・インプレッサ1.5i-S Limited」
赤いステッチがスポーティムードを盛り上げる、特別仕様車のインテリア。
赤いステッチがスポーティムードを盛り上げる、特別仕様車のインテリア。
ハイパフォーマンスモデル「インプレッサWRX STI」を思わせる、「1.5i-S Limited」のエクステリア。エアインテークのないボンネットや片出しのマフラーエンドが、実はマイルドなグレードである証拠。
ハイパフォーマンスモデル「インプレッサWRX STI」を思わせる、「1.5i-S Limited」のエクステリア。エアインテークのないボンネットや片出しのマフラーエンドが、実はマイルドなグレードである証拠。

関連キーワード:
インプレッサスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第479回:雪道でも”安心と愉しさ”を!
    「インプレッサ」&「XV」でONE DAY雪上ドライブ
    2018.2.8 エディターから一言 新世代プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用した新型「インプレッサ」と「XV」による雪上試乗体験イベントが、冬の東北を舞台に開催された。雪に不慣れな筆者が雪道のドライブで感じた、最新スバル車の雪上性能についてリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「パサート」のディーゼルモデルを発売 2018.2.14 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月14日、「パサート」および「パサートヴァリアント」のモデルラインナップにディーゼルエンジンを搭載した「TDI」を追加設定し、販売を開始した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
ホームへ戻る