高性能ルックのスバル・インプレッサ、発売

2010.12.21 自動車ニュース

高性能ルックの「スバル・インプレッサ」発売

富士重工業は、「スバル・インプレッサ」に特別仕様車を設定し、2010年12月21日に発売した。

今回発売された「1.5i-S Limited」と「2.0i-S Limited」は、スポーティな外観がウリの1.5リッターモデル「1.5i-S」と2リッターモデル「2.0i-S」の見た目を、さらにスポーティにしたという特別仕様車だ。

どちらも、「インプレッサ」のハイパフォーマンスグレード「WRX STI」を思わせる大型のルーフスポイラーやメッシュグリル、さらに、ブラックインテリアやダークキャストメタリックのパネル類、赤ステッチのアームレストなどで内外装をドレスアップ。足まわりには専用のスポーティチューニングサスペンションがおごられる。

さらに、「1.5i-S Limited」には、LEDサイドターンランプ付きドアミラー、リアスタビライザー、アルミパッド付きのスポーツペダルが、「2.0i-S Limited」にはアルカンターラと本革を用いたバケットタイプのフロントシートやパドルシフト(AT車)が与えられる。

価格は、「1.5i-S Limited」が159万6000円(FF/5MT)から181万6500円(4WD/4AT)で、「2.0i-S Limited」が205万8000円(FF/4AT)と222万6000円(4WD/4AT)。

「1.5i-S Limited」には、HIDロービームランプやフォグランプ、キーレスアクセス&プッシュスタート、「2.0i-S Limited」と同じアルカンターラと本革を用いたバケットタイプのフロントシートなどがセットになったオプション「プレミアムパッケージ」も20万円で用意される。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサ1.5i-S Limited」
「スバル・インプレッサ1.5i-S Limited」
赤いステッチがスポーティムードを盛り上げる、特別仕様車のインテリア。
赤いステッチがスポーティムードを盛り上げる、特別仕様車のインテリア。
ハイパフォーマンスモデル「インプレッサWRX STI」を思わせる、「1.5i-S Limited」のエクステリア。エアインテークのないボンネットや片出しのマフラーエンドが、実はマイルドなグレードである証拠。
ハイパフォーマンスモデル「インプレッサWRX STI」を思わせる、「1.5i-S Limited」のエクステリア。エアインテークのないボンネットや片出しのマフラーエンドが、実はマイルドなグレードである証拠。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る