三菱、「デリカD:5」の燃費性能を向上

2010.12.20 自動車ニュース

三菱、「デリカD:5」の燃費性能を向上

三菱自動車は、ミニバン「デリカD:5」を一部改良し、2011年1月7日に発売すると発表した。

■全車エコカー減税75%対象車に

今回の改良では、ブレーキ時のエネルギーを電気に変換する「減速エネルギー回生システム」(全車に標準装備)の制御が変更され、効率が高められた。また、走行中にアクセルとブレーキを同時に踏んだ場合にブレーキを優先する「ブレーキオーバーライド制御」が全車に採用された。

FF車については、エンジン内部のしゅう動抵抗の低減や、エンジンとCVTの制御見直しも施され、10・15モード燃費が12.4km/リッターから13.2km/リッターへと0.8km/リッター向上した。これにより4WD車同様、平成22年度燃費基準+25%を達成し、エコカー減税による取得税と重量税の減免率が75%となった。

価格は、229万8000円から376万6000円。

(webCG 曽宮)

「三菱デリカD:5 Gプレミアム(FF車)」
「三菱デリカD:5 Gプレミアム(FF車)」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2007.3.28 試乗記 ……379万290円
    総合評価……★★★★

    発売から1か月で目標の3倍以上受注するなど、好評が伝えられる新型「デリカD:5」。
    別人と見まごうばかりのフルモデルチェンジで、いったいどんなクルマに仕上がったのか? 笹目二朗が吟味した。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト(後編)【試乗記】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)【試乗記】 2007.6.8 試乗記 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)
    ……375万8790円

    悪路走破性能をウリにする「デリカD:5」。セールスポイントの真偽のほどは? オフロードコースでその実力を試した。
ホームへ戻る