第117回:「ブリオ」発表で見えた、ホンダ再生へのカギ

2010.12.19 エッセイ

第117回:「ブリオ」発表で見えた、ホンダ再生へのカギ

ホンダは「タイランド・インターナショナルモーターエキスポ2010」において、タイ・インド向けの戦略車「ブリオ」を発表した。自動車販売の主戦場がアジアへとシフトしている中、本田技研工業・伊東孝紳社長の考えていることとは? 現地取材を行ったモータージャーナリストの島下泰久が、ホンダのアジア戦略について話を聞いた。

タイランド・インターナショナルモーターエキスポ2010 ホンダブースの様子。
第117回:「ブリオ」の発表で見えた、ホンダ再生のカギ
「ホンダ・ブリオ」(プロトタイプ)
第117回:「ブリオ」の発表で見えた、ホンダ再生のカギ

第117回:「ブリオ」の発表で見えた、ホンダ再生のカギ

アジア市場でのホンダのいま

2010年11月末に開催された「タイランド・インターナショナルモーターエキスポ2010」で、ホンダはタイ・インド向けとなる現地生産小型車「BRIO(ブリオ)」を発表した。日本向けの販売はとりあえず検討されていないということだが、少なくとも現在、爆発的に需要が伸びているアジア大洋地域で販売されるクルマは、日本ではなくここタイ、そしてインドが生産拠点となるわけである。

とは言っても、それは別に今しがた始まった話ではない。ホンダのアジア大洋地域でのビジネスの歴史は長く、二輪/四輪ともに豊富な生産量を誇る。日本で一時期販売されていた「フィットアリア」も、実はタイ生産のアジア市場向け車両をベースとしたものだったのだ。

今回は機会を得て、そんなアジア大洋地域でのホンダの現状を見ることができたので報告したい。そこには、低迷するホンダの未来へのカギがあった。

アジア大洋地域21カ国でのホンダの乗用車の販売台数は、2009年度で34.8万台。シェアは4.9%でヒュンダイ、トヨタ、スズキに次ぐ4位につけている。実はこの販売台数は2008年を約5%下回っており、シェアも0.3%落としているのが現状だ。

そして今年2010年。驚くなかれ、先進国に先んじて経済が回復、そして伸長過程に入った同地域の四輪市場は、2009年に対してなんと149万台増の845万台にまで拡大すると予想されている。その勢いでホンダも当然、販売台数は伸ばしそうだが、しかしシェアはさらに後退する見通しだ。インド市場が急速に伸び、またインドのみならず地域全体でスモールカーの伸びが大きいのに対して、そのニーズにぴたりと合った車種ラインナップをそろえられていないのが、その主たる要因だという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ