【スペック】全長×全幅×全高=4635×1795×1415mm/ホイールベース=2730mm/車重=1750kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(318ps/6400rpm、38.7kgm/4800rpm)/価格=620万円(テスト車=669万3500円)

レクサスIS350C(FR/6AT)【試乗記】

バランスが大事 2010.12.19 試乗記 レクサスIS350C(FR/6AT)
……669万3500円


レクサスISのオープンモデルに追加された3.5リッターモデル「IS350C」。パワーアップしたことで走りや乗り心地はさらに快適に……と思った筆者だったが。

一番好きなレクサスは?

レクサスの現行ラインナップから「一番好きなモデルは?」と聞かれたら、迷わず「IS250C」と答える。IS250Cは、2009年5月に登場したISベースのコンバーチブルで、3分割式の軽量リトラクタブルハードトップを採用したのが特徴だ。

オープンカーに目がない私だから、IS250Cという答えは当然の結論かもしれない。ルーフを閉じたときのやや間延びしたリアスタイルはリトラクタブルハードトップのオープンにはつきもので、それが気にならないでもない。しかし、コックピットに陣取り、わずか20秒で上品に仕事を済ませる電動ルーフを開け放てば、そんなことはすぐに頭の片隅に追いやられるから心配無用だ。

爽快(そうかい)なオープンエアのドライビングも大きな魅力だ。2シーターに比べて、4シーターのオープンモデルは、後席からの風の巻き込みが大きい傾向にある。しかしこのIS250Cは、サイドウィンドウを上げさえすれば、70km/hくらいまで平穏に過ごすことが可能だし、もちろん、風を浴びたければサイドウィンドウを下げてやればいい。

しかし、このクルマを推す一番の理由は、走りのバランスが優れていることにある。FRとしてはコンパクトな部類のISは、機敏なハンドリングが魅力のひとつだ。コンバーチブルのIS250Cもまたスポーティさを維持しながら、しなやかな動きを見せるサスペンションが、優れたロードホールディング性能と快適な乗り心地を実現しているのだ。この絶妙なバランス、ある意味レクサスらしくないところが、私にIS250Cを選ばせるのだ。

「IS350C」にはセミアニリン本革シートが標準装備。シートカラーは写真のブラック&レッドを含む5種類から選べる。
レクサスIS350C(FR/6AT)【短評】
 
レクサスIS350C(FR/6AT)【短評】
 
レクサスIS350C(FR/6AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

IS Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)【ブリーフテスト】 2009.7.28 試乗記 ……589万2850円
    総合評価……★★★

    もっとも新しい“オープン・レクサス”「IS250C」。リトラクタブルハードトップを得た走りは、どのようなものなのか? 初夏の箱根でテストした。
  • レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)【試乗記】 2009.6.1 試乗記 レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)
    ……582万6700円

    “インテリジェントスポーツ”たる「レクサスIS」が、開閉可能なメタルトップを獲得。オープンバージョンとなった新型の乗り味を、ワインディングロードで試した。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」発表会の会場から 2016.11.29 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表した。また、クリスマスイベントとして「Mercedes-Benz Connection NEXTDOOR Star Garden」をオープンする。発表会の様子を画像で紹介する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
ホームへ戻る