【スペック】全長×全幅×全高=4320×1850×1435mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(250ps/5500rpm、34.7kgm/3000rpm)/価格=385万円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6MT)【試乗記】

これはバーゲン 2010.12.16 試乗記 ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6MT)
……385万円

ハイパフォーマンスモデル「ルノー・メガーヌ ルノースポール」の新型が、日本上陸。2カ月後の発売を前に、その走りを試した。

あんなひとにも、こんなひとにも

「ルノー・メガーヌ」第3世代モデルの登場は、2008年秋のパリサロンであったが、日本市場に投入されるのはこれが最初だ。クーペボディで、しかもハイパフォーマンスな「ルノースポール」という、先鋭的なモデルが先陣を切る形になる。

ひとまわり大きくなったボディに、抑揚の利いた迫力あるエクステリアデザイン。そして、250psと34.7kgmを発生する高性能エンジンという過激な成立ち。単なる“ホットハッチ”にとどまらない、ルノー社の一枚看板として君臨するモデルである。

今度の「メガーヌ ルノースポール(RS)」は、スペックを重視し複雑な操作系にこだわる、現代のマニアックなユーザーの関心をも集める。
ブレンボ製のブレーキキャリパーやレカロ製のスポーツシートなどは、見た目のアピールだけでなく実質的な利点もある装備であるから、大歓迎。さらにドライビングの世界を広げるべく、このクルマにはさまざまな装置が用意されている。
ESP(横滑り防止装置)は、ノーマル/スポーツ/オフの3段階が選べ、ASR(トラクションコントロール)の度合いやアクセルレスポンスのレベルも自分で設定できる。モニターに表示される情報は、ターボのブースト圧、スロットル開度、トルク、出力、ブレーキ圧、油温、前後左右の加速度(G)、0-100km/hタイム、0-400mタイム、ラップタイム(ストップウォッチ)と盛りだくさんだ。

これらを「オモチャ」とちゃかしたり一笑に付すのは簡単だが、要は、利用するユーザー側の使い方次第ということだ。くだんの、5段階に変えられるスロットルなどは「初心者の練習用」ともいえるが、モーターで駆動するいまの技術を生かした工夫であり、たとえあなたが上級ドライバーでも、長時間の運転で疲れてきた際など、クルマの過敏な挙動を嫌ってゆったり流したい時には便利な備えであろう。

「スポーティモデルがあれば、優先的に導入する」というポリシーで、日本上陸の先鋒となった「ルノー・メガーヌ“ルノースポール”」。ノーマルの「ルノー・メガーヌ」も、2011年半ばには導入が見込まれている。
「スポーティモデルがあれば、優先的に導入する」というポリシーで、日本上陸の先鋒となった「ルノー・メガーヌ“ルノースポール”」。ノーマルの「ルノー・メガーヌ」も、2011年半ばには導入が見込まれている。
ハンドル位置は左のみ。レカロ製のバケットシートがドライバーを迎える。
ハンドル位置は左のみ。レカロ製のバケットシートがドライバーを迎える。
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る