【スペック】1.3G:全長×全幅×全高=3995×1695×1585mm/ホイールベース=2550mm/車重=1090kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(95ps/6000rpm、12.3kgm/4000rpm)/価格=158万円(テスト車=185万9300円/マルチリフレクターヘッドランプ ディスチャージ=4万7250円/運転席・助手席SRSサイドエアバッグ&全席SRSカーテンシールドエアバッグ=4万2000円/HDDシンプルナビゲーションシステム+バックモニター=19万50円)

トヨタ・ラクティス1.5S(FF/CVT)/1.3G(FF/CVT)【試乗記】

「ほどほど」の時代の、「ほどほど」なクルマ 2010.12.16 試乗記 トヨタ・ラクティス1.5S(FF/CVT)/1.3G(FF/CVT)
……210万6300円/185万9300円

トヨタのコンパクトワゴン「ラクティス」がフルモデルチェンジ。スポーティさを捨て、室内スペースや使いやすさに磨きをかけた新型の一番のウリは?

5年前はスポーティ、今度は家族

5年ほど前、毎月テーマを決めてクルマを乗り比べる「webCGセレクション」という連載企画があった。「スポーツカー」「SUV」「初めてのクルマ」等々テーマは多彩で、2006年2月は大人気だった発売直後の初代「ラクティス」を取りあげた。比較対象として「スズキ・スイフトスポーツ」、「MINIクーパーS」、「フォルクスワーゲン・ポロGTI」と元気玉ばかりをズラリと並べ、タイトルは「ホットハッチなんて要らないでしょ?」と挑発。著者の島下さんにはムチャ振りをしてしまったものだ。すみません。

こんな企画をたてたのは理由があって、ラクティスは当時スポーティさが強調されていたのだ。実質的な前身である「ファンカーゴ」が荷物グルマ然としていたのに対し、パドル付きCVTの採用などで「走りへのこだわり」をアピールしたのである。今では誰も覚えていないが、車名の由来は「Runner with Activity and Space」だった。スペースより前に、ランとアクティブがある。

しかし、今回のモデルチェンジでは、「走り」はそれほど強調されていないようだ。新垣結衣のテレビCMなんて、そもそも走っている姿が出てこない。代わりのキーワードは、「ファミリー」らしい。ガッキーは「家族でコンパクトカー。これって、アリ?」と今ドキな若夫婦に問いかける。答えはもちろん、「アリ」なわけだ。ファミリーにはミニバンという図式を、ダウンサイジングしてコンパクトカーに代替させる明確な意図がある。

たぶん、これには二つの理由があるのだと思う。一つは、ことさらに言いたくないが、昨今の経済状況の反映だ。ミニバンに200万円も300万円も費やすより、もっと切実な使い道が頭に浮かぶ。「ラクティス」なら、144万5000円から買えるのだ。もう一つは、ミニバンに取って代われるほどの実力を、ラクティスが身につけたということなんだろう。ちなみにCMに登場するのは両親に子供が一人の家族で、これが標準ならコンパクトカーで十分という見立てだ。

「1.5S」のインテリア。シートやステアリングホイールにオレンジのステッチが施され、スポーティな印象に。専用メーターやパドルシフトが備わるのも他グレードとの違い。
「1.5S」のインテリア。シートやステアリングホイールにオレンジのステッチが施され、スポーティな印象に。専用メーターやパドルシフトが備わるのも他グレードとの違い。
「1.3G」のシート。
「1.3G」のシート。
「1.5S」にはサイドマッドガード、マフラーカッターが専用装備される。
「1.5S」にはサイドマッドガード、マフラーカッターが専用装備される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラクティスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る