クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】L 4.2 FSI クワトロ:全長×全幅×全高=5267×1949×1471mm/ホイールベース=3122mm/車重=2080kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(372ps/6800rpm、45.4kgm/3500rpm)/価格=1290万円(テスト=1533万円)

アウディA8 L 4.2 FSI クワトロ/3.0 TFSI クワトロ【試乗記】

ドイツのジャガー 2010.12.15 試乗記 アウディA8 L 4.2 FSI クワトロ(4WD/8AT)/3.0 TFSI クワトロ(4WD/8AT)
……1533万円/1049万円

第3世代となった新型「アウディA8」が日本上陸。“走るアート”をうたうフラッグシップセダンの走りと乗り心地を確かめた。

期待のフラッグシップ

2010年も日本のアウディ販売は好調だった。1〜11月までの新車登録台数は1万5409台。あと2週間を残す12月分が加算されると、90年に記録した1万6691台の年間レコードを塗りかえるのはほぼ間違いなさそうだ。

そのアウディのなかで、台数的になかなか飛躍できずにいたのがフラッグシップの「A8」である。A8と名乗るようになって、過去2世代を数えるが、国内販売は最多の年でも500台ほど。数売れるクルマではないにせよ、上昇アウディとしてはなんとしてもテコ入れを図りたいモデルだった。そこで今回、年販1000台の「販売台数倍増計画」を掲げるのが、3代目になる新型A8である。

日本導入第1弾は、エンジン種別でいうと、3リッターV6スーパーチャージャーと4.2リッターV8のふたつ。変速機はいずれも新しい8段ATが組み合わされ、V8モデルにはロングホイールベース版も用意される。

筋肉質なデザインとアピールされる、新型「A8」のエクステリア。とりわけ特徴的な意匠のヘッドランプは、中央にハイビームが、それを囲むようにLEDのロービームが置かれ、さらに外側に、帯状のターンシグナル兼ポジションランプが配される。
筋肉質なデザインとアピールされる、新型「A8」のエクステリア。とりわけ特徴的な意匠のヘッドランプは、中央にハイビームが、それを囲むようにLEDのロービームが置かれ、さらに外側に、帯状のターンシグナル兼ポジションランプが配される。 拡大
上級グレードに積まれる4.2リッターV8ユニットは、先代モデルのエンジンがベース。ただし改良の結果、22psの出力アップと燃費性能の向上が図られている。
上級グレードに積まれる4.2リッターV8ユニットは、先代モデルのエンジンがベース。ただし改良の結果、22psの出力アップと燃費性能の向上が図られている。 拡大

驚異の軽快感

箱根の試乗会で最初に乗ったのは、シリーズで唯一、1000万円をきる「3.0 TFSI クワトロ」。走り出すと、現行「A4」に初めて乗ったときのデジャヴ感に襲われた。
言うまでもなく、A8は四駆のフルサイズセダンである。新型はそのサイズを感じさせないぜい肉のとれたデザインが特徴だが、それにしても全長は5mを15cmオーバーし、全幅はあと5cmで2mだ。にもかかわらず、走り出すと、予想外に軽い。ドテッとしたところがない。そのへんがA4を彷彿(ほうふつ)させたのである。この軽さはアルミ・モノコック特有と思われるが、A8の走り味にここまでの軽快感を覚えたのは初めてである。刷新されたASF(アウディ・スペース・フレーム)のなせるわざかもしれない。

ただ、乗り心地にはもう少しフラットな落ち着きがほしい。足まわりはエアサスペンション。オートモードでも赤身の筋肉をイメージさせるしゃきっとした硬さを持つが、荒れた路面へ行くと腰から下がややバタつく。19インチホイールを持て余している感じだ。

エンジンは「A6」にも使われている直噴3リッターV6スーパーチャージャー。290psの最高出力も同じだが、パワーに不満はない。車重1930kgのボディを0-100km/h=6.2秒の俊足で加速させる。旧型より一挙に2段増えた8段ATは、どんな感じだったっけと、試乗後に思い出そうしたくらいスムーズで文句なしだった。セレクターは、高級クルーザーのスロットルレバーを意識したデザインだという。たしかにカッコイイが、ノッチが細かすぎて、使い勝手はいまひとつだった。

広々感を意識したという新型「A8」の運転席まわり。クルーザーのスロットルレバーをイメージしたシフトノブが新しい。
広々感を意識したという新型「A8」の運転席まわり。クルーザーのスロットルレバーをイメージしたシフトノブが新しい。 拡大
トランク容量は、510リッター。先代モデルに比べ奥行きは短くなったものの、開口部は幅広くなった(104cm)とアピールされる。
トランク容量は、510リッター。先代モデルに比べ奥行きは短くなったものの、開口部は幅広くなった(104cm)とアピールされる。 拡大
リアビュー。LEDを用いた水平基調のリアランプが、ボディのワイド感を強調する。
【スペック】3.0 TFSI クワトロ:全長×全幅×全高=5145×1950×1465mm/ホイールベース=2990mm/車重=1930kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブスーパーチャージャー付き(290ps/4850-6500rpm、42.8kgm/2500-4850rpm)/価格=945万円(テスト=1049万円/コンフォートパッケージ(フロント22ウェイ電動シート+シートバックポケット+コンフォートヘッドレスト+ドアパワークロージング+電動リアドアチャイルドセーフティロック+シートベンチレーション+レザーパッケージ)=54万円/LEDヘッドライト=30万円/20インチ10パラレルスポークアルミホイール+265/40R20タイヤ=20万円))
リアビュー。LEDを用いた水平基調のリアランプが、ボディのワイド感を強調する。
【スペック】3.0 TFSI クワトロ:全長×全幅×全高=5145×1950×1465mm/ホイールベース=2990mm/車重=1930kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブスーパーチャージャー付き(290ps/4850-6500rpm、42.8kgm/2500-4850rpm)/価格=945万円(テスト=1049万円/コンフォートパッケージ(フロント22ウェイ電動シート+シートバックポケット+コンフォートヘッドレスト+ドアパワークロージング+電動リアドアチャイルドセーフティロック+シートベンチレーション+レザーパッケージ)=54万円/LEDヘッドライト=30万円/20インチ10パラレルスポークアルミホイール+265/40R20タイヤ=20万円)) 拡大

ぜいたくなだけじゃない

うたい文句は「アート・オブ・プログレス」。先進性を芸術の域まで高めたという新型A8は、内装の造り込みのよさも自慢のひとつである。もう1台の試乗車、「A8 L 4.2 TFSI クワトロ」に乗り込むと、それが自慢倒れに終わっていないことがよくわかった。

艶消しのアッシュ材を使ったウッドパネルは、これまでほかでは見たことがない上質な風合いと質感を放つ。レザーも、派手ではないが、いかにも「高そう!」だ。技術の先進性を強調するなら、アウディの高級車は革や木のような自然素材から完全に脱却してもよさそうに思えるが、新型A8のインテリアは新しい高級サルーンの内装として説得力がある。

だが、ホイールベースを13cm延長して後席スペースを拡大したLボディの特等席は、リムジンの居住性を持つリアシートである。電動フットレスト、マッサージャー、10インチのテレビ、テーブル、そのほか、踊り場のように広いレッグルームなどが“エグゼクティブ・シート”には標準で付く。A8 L 4.2 TFSI クワトロのエンジンは、直噴4.2リッターV8。旧型より22psアップの372psを発生する。0-100km/hは5.8秒。全長5.3mに迫るリムジンといっても、「ポルシェ・ケイマン」並みに速い。

さらに好印象だったのは乗り心地だ。2080kgという車重のせいか、3リッターモデルよりフラットで落ち着いている。この日は標準ホイールベースの4,2リッターモデルには乗れなかったが、もっぱら自分でステアリングを握るオーナーには、標準ボディの4.2リッターがベストA8かなと思った。

拡販をもくろむアウディジャパンは、新型A8の販売上の仮想敵をしっかり決めている。3リッターモデルが「レクサスLS460」、標準ボディの4.2リッターが「BMW750i」、そのロングホイールベース版が「メルセデス・ベンツS550L」だという。横並びに比較すると、もれなく四駆がついてくるA8は、どのライバルと比べても価格競争力が高い。
でも、実際のところ、オーナーがいちばんバッティングするのは、「ジャガーXJ」だと思う。図体に似合わぬ軽い身のこなしと、ドイツ車としては耽美(たんび)的な居心地のいい室内が「ドイツのジャガーXJ」的でよかった。

(文=下野康史/写真=河野敦樹)

ひとつながりで輪を描くフロントグリル「シングルフレームグリル」は継承。上部のコーナーには明確な折れ目が付けられた。
ひとつながりで輪を描くフロントグリル「シングルフレームグリル」は継承。上部のコーナーには明確な折れ目が付けられた。 拡大
左右独立型の後席をもつ「L 4.2 FSI クワトロ」。オプションでシートヒーター、マッサージ機能などの快適装備が得られ、助手席を前方に追いやれば、ただでさえ広いレッグスペースをさらに拡大することもできる。
左右独立型の後席をもつ「L 4.2 FSI クワトロ」。オプションでシートヒーター、マッサージ機能などの快適装備が得られ、助手席を前方に追いやれば、ただでさえ広いレッグスペースをさらに拡大することもできる。 拡大
新機能「MMIタッチ」を試す、の図。新型「A8」は、ナビゲーションシステムの目的地検索などを容易にすべく、指先を使った手書き入力が可能となっている。
新機能「MMIタッチ」を試す、の図。新型「A8」は、ナビゲーションシステムの目的地検索などを容易にすべく、指先を使った手書き入力が可能となっている。 拡大
【テスト車「A8 L 4.2 FSI クワトロ」のオプション装備】
Audiデザインセレクション(デコラティブパネル+アルカンターラヘッドライニング+コンフォートシート+シートバックポケット+ブラッシュドアルミニウムシルバーロアーパネル+コンフォートヘッドレスト+リアシートヒーター+マッサージ機能)=79万円/バング&オルフセンアドバンスドサラウンドシステム=84万円/Audiプレセンスパッケージ=(アウディプレセンスプラス+サイドアシスト+レーンアシスト+アダプティブクルーズコントロール+クルーズコントロール+ナイトビジョン)=80万円
【テスト車「A8 L 4.2 FSI クワトロ」のオプション装備】
Audiデザインセレクション(デコラティブパネル+アルカンターラヘッドライニング+コンフォートシート+シートバックポケット+ブラッシュドアルミニウムシルバーロアーパネル+コンフォートヘッドレスト+リアシートヒーター+マッサージ機能)=79万円/バング&オルフセンアドバンスドサラウンドシステム=84万円/Audiプレセンスパッケージ=(アウディプレセンスプラス+サイドアシスト+レーンアシスト+アダプティブクルーズコントロール+クルーズコントロール+ナイトビジョン)=80万円 拡大

関連キーワード:
A8アウディ試乗記

あなたにおすすめの記事