BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット受注開始

2010.12.14 自動車ニュース

520psのアルピナ「B7 ビターボ アルラット」受注開始

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2010年12月13日、アルピナブランドのニューモデル「BMWアルピナ B7 BiTurbo Allrad」の受注を開始した。

「BMWアルピナ B7 BiTurbo Allrad(ビターボ アルラット)」は、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」をベースに、アルピナが独自に仕立てなおしたハイパフォーマンスセダンだ。

後輪駆動の「B7 ビターボ」は2009年7月から日本でも扱われているが、今回新たに導入されるのは、「Allrad」(=四輪駆動)の名が示すとおり、御本家BMWが日本市場で販売していない4WDモデルである。

エンジンも、4.4リッターV8ツインターボという基本構成こそ変わらないものの、ターボをはじめとする補器類やエンジンマネージメントが改められ、BMW7シリーズの407ps、61.2kgmに対して520ps、72.9kgmを叩き出す。
車重2130kgのヘビー級セダンながら、0-100km/h加速は4.8秒でこなし、リミッターで制限される最高速270km/hでの巡航が可能だという。

強化されたパワーに応えるべく、サスペンション、ブレーキ、タイヤといった足まわりも専用パーツでリセッティングされる。

価格は、2045万円。左ハンドル車のみの取り扱いで、デリバリー開始は2011年夏が予定されている。

(webCG 関)

「BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット」
「BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット」
 
BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット受注開始の画像
 
BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット受注開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルピナB3ビターボ リムジン(FR/8AT)【試乗記】 2013.10.21 試乗記 アルピナの新型「B3ビターボ」が、日本上陸を果たした。“至高の作品”とうたわれる、ハイパフォーマンスセダンの実力とは……?
  • ジュネーブショー2017の会場から(その10) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。BMWは新型「5シリーズ」のワゴンバリエーション「5シリーズ ツーリング」を世界初公開。BMWアルピナは「B5ビターボ」を披露した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • アルピナD3ビターボ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.10 試乗記 圧倒的な速さと、傑出した快適さ。そしてそれらの調和の妙こそが、アルピナのアルピナたるゆえんだ。71.4kgm(700Nm)の最大トルクを誇るスーパーディーゼル「D3ビターボ」の走りやいかに? 高速道路とワインディングロードでその実力を試した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る