BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット受注開始

2010.12.14 自動車ニュース

520psのアルピナ「B7 ビターボ アルラット」受注開始

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2010年12月13日、アルピナブランドのニューモデル「BMWアルピナ B7 BiTurbo Allrad」の受注を開始した。

「BMWアルピナ B7 BiTurbo Allrad(ビターボ アルラット)」は、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」をベースに、アルピナが独自に仕立てなおしたハイパフォーマンスセダンだ。

後輪駆動の「B7 ビターボ」は2009年7月から日本でも扱われているが、今回新たに導入されるのは、「Allrad」(=四輪駆動)の名が示すとおり、御本家BMWが日本市場で販売していない4WDモデルである。

エンジンも、4.4リッターV8ツインターボという基本構成こそ変わらないものの、ターボをはじめとする補器類やエンジンマネージメントが改められ、BMW7シリーズの407ps、61.2kgmに対して520ps、72.9kgmを叩き出す。
車重2130kgのヘビー級セダンながら、0-100km/h加速は4.8秒でこなし、リミッターで制限される最高速270km/hでの巡航が可能だという。

強化されたパワーに応えるべく、サスペンション、ブレーキ、タイヤといった足まわりも専用パーツでリセッティングされる。

価格は、2045万円。左ハンドル車のみの取り扱いで、デリバリー開始は2011年夏が予定されている。

(webCG 関)

「BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット」
「BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット」
 
BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット受注開始の画像
 
BMWアルピナ B7 ビターボ アルラット受注開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る