ホンダ、次期型「シビック」を出展【デトロイトショー2011】

2010.12.14 自動車ニュース

【デトロイトショー2011】ホンダ、次期型「シビック」のコンセプトカーを出展

本田技研工業は、2011年1月10日に開幕するデトロイトモーターショーに、次期型「シビック」のコンセプトモデルを出展すると発表した。

デトロイトショーに出展される「シビック コンセプト」は、その名のとおり北米で2011年春に発売予定の次期(9代目)「シビック」のコンセプトカーだ。

シビックシリーズは、北米では2ドアクーペと4ドアセダン、ヨーロッパでは3ドアと5ドアハッチバック、日本では4ドアセダンという具合に、各国でさまざまなボディタイプが生産されるグローバルモデル。しかし日本では2010年8月にセダンの生産が終了。ハイブリッドも12月末に生産終了予定で、事実上、シビックは海外専用車となる。

今回ショーに出展されるのは、北米向けモデル。「若々しく、スポーティかつクリーンなデザイン」を追求したというボディには、大型メッシュグリルやLEDドライビングランプ、くさび型フォルムが採用されているのがイラストで確認できる。

なお、ホンダ広報部によると、現時点では9代目シビックの日本導入予定はないという。

(webCG 曽宮)

「ホンダ・シビック コンセプト」
「ホンダ・シビック コンセプト」
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る