スポーツカー「トミーカイラ」、EVで復活

2010.12.14 自動車ニュース

スポーツカー「トミーカイラ」、EVで復活

伝説になりつつある(!?)ニッポンのスポーツカー「Tommykaira(トミーカイラ)」が復活する! それも電気自動車(EV)として。

新生「トミーカイラ」を手がけるのは、京都大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリーに属するベンチャー企業のひとつ、グリーンロードモータース株式会社だ。同社は、環境対応自動車の開発・販売を手がける企業。生産施設をもたないいわゆるファブレス企業で、プロジェクトごとに協力会社を募って、企画を推進する。

「トミーカイラZZ」は、トミタ夢工場の富田義一氏とレーシングエンジニアの解良喜久雄氏が開発したオリジナルスポーツカー。1995年に発表され、2年後に販売が開始された。アルミ製バスタブモノコックにFRPボディを載せたオープン2シーターで、「日産プリメーラ」由来の2リッター直列4気筒をキャブレター化(!)して、ミドに横置きしていた。英国で生産され、「ロータス・エリーゼ」の好敵手として話題になった。
2001年には、丸目2灯のトミーカイラに続き、異型ヘッドランプを用いた「ZZ II」が登場。「日産スカイライン」の2.6リッター直6ツインターボを搭載する予定だったが、こちらはついに市販されることはなかった。

グリーンロードモータースは、前者に電気モーターとリチウムイオンバッテリーを搭載し、150km/hの最高速度と100kmの航続可能距離を実現するEV「トミーカイラZZ-EV(ジージーイーブイ)」とし、2010年12月6日から予約受付をオフィシャルサイトにて開始
また12月9日には、「トミーカイラZZ II」のEV仕様も開発、生産することを発表した。「トミーカイラZZ II」は、新たな企業連合体「京都電気自動車開発ワーキンググループ」によって、開発、生産、そして販売が進められる予定だ。

(文=青木禎之)

10年以上の時を経て、電気自動車として復活した「トミーカイラZZ-EV」。
10年以上の時を経て、電気自動車として復活した「トミーカイラZZ-EV」。
開発風景。EV化されたことで「ガソリン車とは比べものにならない発進加速と、一気に効く回生ブレーキの操作感を得て、より魅力的に生まれ変わった」(プレスリリース)という。リチウムイオンバッテリーを搭載。回生ブレーキを備え、航続可能距離は約100km。車重はわずか640kgだ。最高速度は150km/h。予定販売価格は680万円とされる。
開発風景。EV化されたことで「ガソリン車とは比べものにならない発進加速と、一気に効く回生ブレーキの操作感を得て、より魅力的に生まれ変わった」(プレスリリース)という。リチウムイオンバッテリーを搭載。回生ブレーキを備え、航続可能距離は約100km。車重はわずか640kgだ。最高速度は150km/h。予定販売価格は680万円とされる。
こちらは、異形ヘッドランプをもつ「トミーカイラZZ II」。
こちらは、異形ヘッドランプをもつ「トミーカイラZZ II」。
車両開発にあたる、グリーンロードモータースの代表取締役社長 小間裕康氏(写真左端)とスタッフの面々。今後は、「トミーカイラZZ II」(写真)についてもEV仕様が誕生する予定だ。
車両開発にあたる、グリーンロードモータースの代表取締役社長 小間裕康氏(写真左端)とスタッフの面々。今後は、「トミーカイラZZ II」(写真)についてもEV仕様が誕生する予定だ。

関連キーワード:
トミーカイラZZGLM自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • いよいよ登場! 新型「日産リーフ」
    買いたい人にプロが一言アドバイス
    2017.9.8 デイリーコラム 日産のEV「リーフ」の新型が、2017年9月6日にデビューしました。国内の販売がスタートするのは、10月2日。この2代目の購入を考えている人は、どんなことを意識したらよいのでしょうか? 3人のモータージャーナリストに聞きました。
  • 第433回:ガソリンとディーゼルの“いいとこ取り”を目指す
    マツダの新しい内燃機関「SKYACTIV-X」搭載車に試乗
    2017.9.7 エディターから一言 マツダの次世代エンジン「スカイアクティブX」を搭載したテスト車両が、早くもわれわれの目の前に現れた。未体験の自己着火型ガソリンエンジンがもたらす走りとは、いかなるものなのか? ドイツから試乗リポートをお届けする。
  • ポルシェ911 RSR/911 GT3 R/911 GT3 Cup【海外試乗記】 2017.9.5 試乗記 デビューイヤーの2017年から、さまざまなレースで高い戦闘力を見せつけている「ポルシェ911 RSR」。レーシングドライバーにして“ポルシェ使い”の田中哲也氏が、レーシング911の走りの最前線をリポートする。
ホームへ戻る