【スペック】全長×全幅×全高=4290×1845×1360mm/ホイールベース=2610mm/車重=1350kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ ターボ(200ps/5800rpm、28.0kgm/1700rpm)/価格=423万円(テスト車=466万円/カーボンルーフ インテグラル レザー パック=43万円)

プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】

飛ばして光るライオン 2010.12.14 試乗記 プジョーRCZ(FF/6MT)
……466万円

スタイリングが個性的なプジョーのスポーツクーペ「RCZ」に試乗。6段MTモデルの走りを確かめた。

ミドシップ仕様を作ったらどうか

東京の街中で「RCZ」を見る。とても自己主張の強いスタイリングだ。この形は「308RCZコンセプト」として2007年秋のフランクフルトショーで公開されたのが最初と記憶している。筆者も実際、現地で見た。早いものであれからすでに3年が経過したわけだが、ほとんど“鮮度”が落ちていないように思う。道行く人たちもチラチラこちらを見ている。

そしてこの形、あらためて眺めてみると、けっこう風変わりなプロポーションを持っていることに気付いた。キャビンが相対的にボディの前方に寄っていて、そういう意味ではミドシップカー的な“偏り”があるが、フロントセクションのボリューム感はどう見たってFF的である(実際はFFレイアウト車だ)。

あるいはルーフには左右ふたつの盛り上がりがあり、ザガートが発案したとされる「ダブルバブル」(ヘッドクリアランスを捻出する意味があった)を思わせる形状になっている。しかし室内側から見ると特に盛り上がっているふうもなく、これは単にデザイン的なアクセントにすぎないらしい。つまり、形態は機能に従って“ない”のである。このひょうひょうとした姿勢に衒(てら)いがないぶん、筆者の目には現代的でクールに見える。

キャビン後方のトランクがいったいどうなっているのか。そこがずっと気になっていたのでまず最初に開けてみた。別にこれといって凝った工夫はなかったが、全長4.3m級の2+2クーペにしては、やはりトランクの前後長がとても長かった。
仮にリトラクタブルハードトップ仕様を作っても、畳んだルーフはここに余裕で収まりそうだし、それこそ「ルノー・サンク・ターボ」や「クリオV6」みたいにエンジンを詰め込んでも、レイアウト的に成立しそうな感じもある。本当にユニークなカタチだ。


プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】の画像

プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】の画像
プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】の画像
写真をクリックすると、シートアレンジによる荷室の変化が見られます。
写真をクリックすると、シートアレンジによる荷室の変化が見られます。
関連記事
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る