「ダイハツ・ムーヴ」がフルモデルチェンジ

2010.12.13 自動車ニュース
「ダイハツ・ムーヴX」
「ダイハツ・ムーヴ」がフルモデルチェンジ

「ダイハツ・ムーヴ」がフルモデルチェンジ

ダイハツ工業は2010年12月13日、同社の人気軽乗用車「ムーヴ」をフルモデルチェンジし、発売した。

「ダイハツ・ムーヴ」のインテリア。
「ダイハツ・ムーヴ」のインテリア。
「ダイハツ・ムーヴX リミテッド」
「ダイハツ・ムーヴX リミテッド」

■ガソリン車トップの低燃費を実現

1995年に初代がデビューした「ムーヴ」は、ライバルの「スズキ・ワゴンR」とともに“ちょっと背の高い軽ワゴン”(=スペース系)市場をリードしてきた人気モデルだ。最近は、「ダイハツ・タント」や「スズキ・パレット」など、さらに背の高い軽ワゴン(=モアスペース系)の人気が高まり、また、先にフルモデルチェンジを実施したワゴンRに販売台数で水をあけられるなど、苦しい戦いが続いていた。

この状況を打破すべく、4年ぶりにフルモデルチェンジが実施され、5代目へと生まれ変わった新型ムーヴは、27.0km/リッター(10・15モード)というガソリン車トップ(ハイブリッド車を除く)の低燃費を実現するとともに、広く快適な室内、充実の装備、高い安全性などを磨き上げることで「スペース系軽乗用車の次世代スタンダード」を目指したという。

従来どおり、ラインナップは標準モデルの「ムーヴ」とスポーティな「ムーヴカスタム」の2シリーズが用意され、価格はムーヴが112万円から144万1000円、ムーヴカスタムが131万円から161万1000円。ムーヴの全グレードと「カスタムRS」を除くムーヴカスタム各車がエコカー減税(75%減税)の対象となる。

「ダイハツ・ムーヴ カスタムRS」のインテリア。
「ダイハツ・ムーヴ カスタムRS」のインテリア。
「ダイハツ・ムーヴ カスタムRS」
「ダイハツ・ムーヴ カスタムRS」

■旧型のイメージを受け継ぐデザイン

先代に比べて全高が5mm高くなった新型ムーヴは、旧型のイメージを受け継ぐエクステリアデザインを採用するため、ひと目で新型とわかる人は少ないかもしれない。しかし、よく見比べると、たとえば新型は先代に比べてボンネットの存在が明確になっていたり、クオーターウィンドウが四角くなるなど、より落ち着いた印象に変わったことに気づく。また、Aピラーやリアピラーを細くすることで視界を改善。運転のしやすさを追求したという。

一方、インテリアは、センターメーターやインパネシフトを引き続き採用しながら、インストゥルメントパネル上面を低く抑えることで横方向の広がりを感じさせる。ホイールベースは35mm短い2455mmとなり、これに伴い室内長も短くなったものの、広々としたキャビンがムーヴの魅力であることに変わりはない。

先述のように、ムーヴにはこれまでどおり標準の「ムーヴ」とスポーティな「ムーブカスタム」の2つのシリーズが用意される。大きなフロントエアインテークや丸型4灯式ヘッドランプを採用するのがムーヴカスタムの特徴で、室内もブラックを基調とした色使いやメーターに回転計が追加されるなど、ムーヴとの差別化が図られている。

 
「ダイハツ・ムーヴ」がフルモデルチェンジの画像
「ダイハツ・ムーヴ カスタムRS」
「ダイハツ・ムーヴ カスタムRS」

■「eco IDLE」が低燃費に寄与

新型ムーヴを開発するにあたり、開発陣が目指したのが、ガソリン車トップ(ハイブリッド車を除く)の低燃費だった。これを実現するため、658cc直列3気筒DOHCの「KF」エンジンを改良。燃焼室やピストンの形状変更、オイルシールやチェーンの改良など、細部にわたるメカニカルロスの低減。さらに、「イオン電流燃焼制御」を取り入れた「i-EGR」システムや樹脂製電子スロットルボディの採用などにより、高効率を実現する。

そして、一部のモデルにはアイドリングストップシステムの「eco IDLE」を搭載した。組み合わされるCVTから電動オイルポンプを省くことでエンジン停止中の消費電力を低減。これはパワートレインの軽量・コンパクト化にも役立っている。

加えて、ボディやインストゥルメントパネル、ドアトリムなどの軽量化により、旧型に比べて車両重量は約35kg軽減。その他、エネルギー回生の採用や低転がり抵抗タイヤの装着などにより、自然吸気エンジン(52ps)を搭載する「ムーヴX“リミテッド”」「X」「ムーヴカスタムG」が、FFで27.0km/リッター、4WDでも24.5km/リッターの低燃費を実現する。同じ自然吸気エンジンでも、eco IDLE非搭載車ではFF:25.0km/リッター、4WD:22.5km/リッター、64psのターボエンジン車はそれぞれ22.0km/リッター、21.0km/リッターの燃費値となる。

 
「ダイハツ・ムーヴ」がフルモデルチェンジの画像
 
「ダイハツ・ムーヴ」がフルモデルチェンジの画像
純正アクセサリーのディズニーアイテムは、「インテリアパッケージ」(写真)のほか、ホイールキャップなどが用意される。
純正アクセサリーのディズニーアイテムは、「インテリアパッケージ」(写真)のほか、ホイールキャップなどが用意される。

■一段と使いやすく

低燃費化とともに力が注がれたのが、使い勝手の向上だ。240mmというロングスライド機能を有するリアシートは、荷室側からスライド操作が可能になった。荷室は床下に深めの収納スペースが用意され、フロアボードを跳ね上げれば背の高い荷物にも対応できる。リアシートを倒せば広くフラットな荷室として利用できるのはいうまでもない。前席まわりの小物収納スペースも充実している。

上級クラス車並みの機能として注目したいのが、「レーダークルーズコントロール」や「プリクラッシュセーフティ」、「車線逸脱警報」といった安全技術だ。これらのアクティブセーフティは、先代のムーヴに軽自動車として初めて採用しており、新型ムーヴではその機能が向上している。
先行車がいる場合には設定した速度の範囲内で先行車に追従するレーダークルーズコントロールは、先行車が停止したとき自車も停止させる機能を軽自動車として初めて搭載している。また、レーダークルーズコントロールの使用状況にかかわらず、先行車に接近しすぎた場合には自動的な減速やシートベルトの巻き上げなどにより、ドライバーへの警告、衝突時の衝撃軽減を図る。
ただし、これらの機能が利用できるのは、「カスタムRS(FF)」でオプションの「インテリジェントドライビングアシストパック」(2011年2月発売)を選んだ場合のみだ。

その他、微粒子イオン「ナノイー」を放出するディフューザーを標準またはメーカーオプションとして用意したり、女性に人気のディズニーアイテムを純正アクセサリーとして日本で初採用するなど、幅広い層の獲得に向けて小技をきかせる新型ムーヴ。ライバルのワゴンRはもちろん、同じダイハツのタントを打ち破り、軽自動車販売トップの座に返り咲くことができるのか? 勝負の行方に注目したい。

(文=生方聡)

関連キーワード:
ムーヴムーヴカスタムダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツが「ムーヴ キャンバス」にスマートアシストIIIを搭載 2017.9.11 自動車ニュース ダイハツ工業は2017年9月11日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回の改良では、衝突回避支援システムを従来の「スマートアシストII」から最新の「スマートアシストIII」へと変更した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
ホームへ戻る