第418回:でかした「フーガハイブリッド」に金メダル!?
 これぞ新感覚“高速アイドルストップ”だっ!

2010.12.13 エッセイ

第418回:でかした「フーガハイブリッド」に金メダル!? これぞ新感覚“高速アイドルストップ”だっ!

できるもんならやってみな!

いや、ビックリしちゃったよ「フーガハイブリッド」。若干上から目線で申し訳ないけど「結構、面白いじゃん、コレ!」と。

というのも正直、あまり期待してなかったんですね。って別にフーガだけでなく、ハイブリッドカー全般に。というのも「フィットハイブリッド」の時も言ったけど、もはや“ハイブリッドカー”に劇的な夢を託せない時代じゃないですか?
燃費じゃすでに2モーター+遊星ギアのトヨタ式の勝ちで、そうそう「プリウス」以上のクルマなんて出そうにない。シンプルな1モーターのホンダ流、フォルクスワーゲン&ポルシェ流ハイブリッドにしても、燃費はもちろん走った時のフィーリングもわりと普通で、“別世界観”においてもトヨタ式を超えられそうにない。
だからこそ、クルマに先進性を求める日本人としては、今や面白さや未来は電気自動車(EV)に託し、ハイブリッドは安さ勝負しかないと思ってたのね。まさに“ハイブリッドのデフレ化”よ。

と思ったら、フーガハイブリッド、予想外の面白さ! 大枠で言うとホンダやフォルクスワーゲングループと同じ1モーターのパラレル式に属していて、従来のパワートレイン、つまりエンジンとギアボックスの間に小さめの駆動用モーターを挟んだシンプルな構造。これによって、時にエンジン+モーターの余裕のパワー、時にモーター単独のエコパワーで走れるという二面性がウリになっている。
ただし、基本的にエンジンを低回転から高回転までまんべんなく使う方式なので、トヨタ式ほどエンジンの使用効率は良くできなかった。

さらにもう一つ大きな問題がある。それはクラッチの問題だ。
1モーターのパラレル式には1クラッチ式と2クラッチ式の2種類があって、それはモーターとエンジンの間にもう一つクラッチを設けるか設けないかの違いによる。これによりモーターをエンジンから完全に切り離した“ピュアEV走行”ができるかできないかが決まるわけだ。

しかし根の深い問題があって、駆動系にクラッチを設けるとどうしても走行中に振動が出てしまうのだ。
MT車を考えるとわかるとおり、走行中のギアチェンジでは、接続時に回転数を合わせないと、大きなショックが生まれる。しかも今回はエンジンとモーターの間だから大変よ。どちらもトルクが強大なわけで、回転が合わないってことは、まるで逆回りの駒と駒がぶつかるようなもの。当然、ものすごいショックが生まれる。
だからフォルクスワーゲンやポルシェは、フーガと同じ2クラッチ式だけど、しかたなく駆動系にトルクコンバーターを設け、衝撃を吸収する方法を採っていた。しかし、フーガハイブリッドは「トルコンを省く!」、つまり「常時完璧に回転を合わせてモーターとエンジンのクラッチをバシッとつないでみせる!!」と宣言して、開発を始めたのだ。

いわば「いつでもどこでも絶対4回転ジャンプをピタリ決めてやる!」と宣言して金メダルをとるみたいなもんで、非常に難度の高い回転あわせ。開発の大澤CPS(チーフ・プロダクト・スペシャリスト)によると、周りの人たちは「ふふん、できるもんならやってみな! って感じだったねぇ(笑)」と当時を回想する。
もしやここには昔懐かし“技術の日産”の意地があったのかもしれない……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』