【スペック】全長×全幅×全高=5090×1985×1740mm/ホイールベース=3000mm/車重=2330kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ(272ps/4780-6500rpm、40.8kgm/2150-4780rpm)/価格=772万円(テスト車=1003万2600円)

アウディQ7 3.0TFSI クワトロ(4WD/8AT)【試乗記】

あくまでセダンなSUV 2010.12.13 試乗記 アウディQ7 3.0TFSI クワトロ(4WD/8AT)
……1003万2600円


ダウンサイジングコンセプトにのっとり、パワートレインを一新した「Q7」。クールな都会派SUVは、どう変わった?

泥とは無縁のスタイル

「アウディQ7」は、2005年のフランクフルトモーターショーで発表されたSUVである。ブランドの枠を超えた姉妹車「ポルシェ・カイエン」や「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」がデビューしたのが2002年だから、ずいぶんと遅れての登場だ。北米で吹き荒れたSUVブームを追って投入されたモデルとしては、最後発の1台になる。

Q7は、「アウディ」が持つブランドイメージとの整合性に十分配慮され、
「エス・ユー・ブイって何?」「ああ、クロカンのことだよ」
……という、いささか乱暴な説明がそぐわない、いかにもアウディらしいクールなスタイルをまとったモデルだ。
スポーツ・ユーティリティ・ヴィークルにして、「生涯(!?)泥とは無縁だろう」と思わせるものがある。ただ、天地が厚いボディに要素がすくないデザインゆえか、ときに「うすらデカい……」と感じることがないわけではない。

実際、アウディQ7は大きい。5090mmの全長に1985mmの全幅は、ある種の覚悟を持って臨まないとなかなか保有には踏み切れない。ちなみに、新しいポルシェ・カイエンが4846mmと1939mm、SUVの雄たる「フォード・エクスプローラー」(まもなく旧型になる現行車)は4930mmと1870mmである。

都会ではいささか持てあまし気味のボディサイズだが、しかしこの手のクルマは、都会で乗らないと意味がない。
「さらりとスタイリッシュにやせ我慢できる貴方(あなた)に」。
そんなくだらないコピーもどきを胸に、今回の試乗車と対面すると、「アレ!?」とちょっと意外な気がした。


アウディQ7 3.0TFSI クワトロ(4WD/8AT)【試乗記】の画像
オプション設定となる「スペシャルパノラマサンルーフ」は、前後3分割構造で最前部はスライド/チルトアップができる。
オプション設定となる「スペシャルパノラマサンルーフ」は、前後3分割構造で最前部はスライド/チルトアップができる。
【テスト車のオプション装備】
7シーターパッケージ(36万円)/アダプティブエアサスペンション(40万円)/オフロードスタイリングパッケージ(61万円)/スペシャルパノラマサンルーフ(30万円)/10スポークデザインアルミホイール&275/45R20インチタイヤ(販売店オプション64万2600円)
【テスト車のオプション装備】
7シーターパッケージ(36万円)/アダプティブエアサスペンション(40万円)/オフロードスタイリングパッケージ(61万円)/スペシャルパノラマサンルーフ(30万円)/10スポークデザインアルミホイール&275/45R20インチタイヤ(販売店オプション64万2600円)
関連記事
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第409回:「アウディQ2」のデザイナー
    若者が求める“クルマ像”を語る
    2017.5.8 エディターから一言 アウディのコンパクトSUV「Q2」の発売に伴い、同車のデザイナーを務めたマティアス・フィンク氏が来日。同車がターゲットとしている、若者が求める“クルマ像”とはどのようなものなのか、自身も30代という若手デザイナーが語った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る