【スペック】全長×全幅×全高=5090×1985×1740mm/ホイールベース=3000mm/車重=2330kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ(272ps/4780-6500rpm、40.8kgm/2150-4780rpm)/価格=772万円(テスト車=1003万2600円)

アウディQ7 3.0TFSI クワトロ(4WD/8AT)【試乗記】

あくまでセダンなSUV 2010.12.13 試乗記 アウディQ7 3.0TFSI クワトロ(4WD/8AT)
……1003万2600円


ダウンサイジングコンセプトにのっとり、パワートレインを一新した「Q7」。クールな都会派SUVは、どう変わった?

泥とは無縁のスタイル

「アウディQ7」は、2005年のフランクフルトモーターショーで発表されたSUVである。ブランドの枠を超えた姉妹車「ポルシェ・カイエン」や「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」がデビューしたのが2002年だから、ずいぶんと遅れての登場だ。北米で吹き荒れたSUVブームを追って投入されたモデルとしては、最後発の1台になる。

Q7は、「アウディ」が持つブランドイメージとの整合性に十分配慮され、
「エス・ユー・ブイって何?」「ああ、クロカンのことだよ」
……という、いささか乱暴な説明がそぐわない、いかにもアウディらしいクールなスタイルをまとったモデルだ。
スポーツ・ユーティリティ・ヴィークルにして、「生涯(!?)泥とは無縁だろう」と思わせるものがある。ただ、天地が厚いボディに要素がすくないデザインゆえか、ときに「うすらデカい……」と感じることがないわけではない。

実際、アウディQ7は大きい。5090mmの全長に1985mmの全幅は、ある種の覚悟を持って臨まないとなかなか保有には踏み切れない。ちなみに、新しいポルシェ・カイエンが4846mmと1939mm、SUVの雄たる「フォード・エクスプローラー」(まもなく旧型になる現行車)は4930mmと1870mmである。

都会ではいささか持てあまし気味のボディサイズだが、しかしこの手のクルマは、都会で乗らないと意味がない。
「さらりとスタイリッシュにやせ我慢できる貴方(あなた)に」。
そんなくだらないコピーもどきを胸に、今回の試乗車と対面すると、「アレ!?」とちょっと意外な気がした。


アウディQ7 3.0TFSI クワトロ(4WD/8AT)【試乗記】の画像
オプション設定となる「スペシャルパノラマサンルーフ」は、前後3分割構造で最前部はスライド/チルトアップができる。
オプション設定となる「スペシャルパノラマサンルーフ」は、前後3分割構造で最前部はスライド/チルトアップができる。
【テスト車のオプション装備】
7シーターパッケージ(36万円)/アダプティブエアサスペンション(40万円)/オフロードスタイリングパッケージ(61万円)/スペシャルパノラマサンルーフ(30万円)/10スポークデザインアルミホイール&275/45R20インチタイヤ(販売店オプション64万2600円)
【テスト車のオプション装備】
7シーターパッケージ(36万円)/アダプティブエアサスペンション(40万円)/オフロードスタイリングパッケージ(61万円)/スペシャルパノラマサンルーフ(30万円)/10スポークデザインアルミホイール&275/45R20インチタイヤ(販売店オプション64万2600円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ7 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.26 試乗記 旧型比で最大300kgものダイエットに成功した新型「アウディQ7」。新登場の2リッターモデルをダウンサイズの象徴として応援したいところだが、「3.0 TFSIクワトロ」のリッチは味わいには、あらがいがたい魅力があるのも確かだ。
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • アウディQ7 2.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.5 試乗記 アウディの最上級SUV「Q7」が、10年ぶりにフルモデルチェンジ。新開発のボディーや高効率エンジンが自慢の新型は、どんなクルマに仕上がったのか? ベーシックな2リッター直4モデルで確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • プジョーの7人乗りSUV「5008」 今秋日本導入へ 2017.4.10 自動車ニュース プジョーが3列7人乗りのミドルサイズSUVである、新型「5008」を日本に導入すると発表した。ラインナップはガソリン車の「アリュール」とディーゼル車の「GT BlueHDi」の2種類で、導入時期は2017年秋とされている。
ホームへ戻る