第172回:クルマ関係者の意外な活動 シューマッハーがアイロンがけ!?

2010.12.11 エッセイ

第172回:クルマ関係者の意外な活動シューマッハーがアイロンがけ!?

この季節にあらわれる「食品銀行」とは

イタリアは目下、クリスマスの買い出しシーズンである。親戚一同で集まってプレゼント交換する人が多いので、用意しなければいけないプレゼントの数が半端じゃないのである。そのため、商店街が1年でいちばんにぎわう季節だ。

そうした中、こんな人まで自らショッピングに足を向けていた。「こんな人」とは、フィアット会長のジョン・エルカン 34歳である。
エルカンは2010年11月27日、トリノにあるフードマーケット「イータリー(Eataly)本店」に現れた。イータリーは、スローフード協会と連携して、ハイクオリティなイタリア食材を多数扱うことで有名な店である。日本では東京の代官山や日本橋三越などにあるので、イタリアファンの方ならご存じのことだろう。

トリノ本店は2007年オープンで、元ベルモット酒工場を改装した、趣のある建物だ。隣のフィアット旧工場を再開発した「リンゴット」ビルとの相乗効果で、多くの集客を生み出している。
エルカンは店内に入ると、ミラノの伝統クリスマス菓子「パネットーネ」などを次々と選んだ。というのも、この様子はイタリアのテレビニュースを通じて報道されたのだ。

実をいうと彼の買い物は、自分や家族のためではなかった。「食品銀行」という財団がイタリアで、この季節に実施しているチャリティだったのである。協力店ではレジのあとに買い物カートが置いてあるので、お客は自分が買った食品の中から、寄付したいものを入れる。すると、チャリティに回るという仕組みだ。
参考までに、イタリアでは以前から、他の団体やスーパーも同様のチャリティを行なっている。見ていると、寄付で集まる品は、お国柄か圧倒的にパスタが多い。

エルカン君も、この運動に協力したのである。ただし、これは彼自身のパフォーマンスだけではなかった。フィアットはトリノの各事業所全体でこの「食品銀行」運動に参加。従業員の協力で9月から7150食分を集めたという。

元ベルモット酒工場を改装した「イータリー」トリノ本店。
元ベルモット酒工場を改装した「イータリー」トリノ本店。
フィアット会長のジョン・エルカン。(2005年ジュネーブショーで)
フィアット会長のジョン・エルカン。(2005年ジュネーブショーで)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。