「BMW1シリーズ」にMモデルが登場

2010.12.10 自動車ニュース

「BMW1シリーズ」にハイパフォーマンスな“M”モデルが登場

独BMWは、新たなコンパクト・ハイパフォーマンスモデル「1シリーズ Mクーペ」の情報を公開した。

BMWのラインナップのなかで最もコンパクトな「1シリーズ」に、ハイパフォーマンスな“M”モデルが追加されることになった。

その名も、「1シリーズ Mクーペ」。ベースとなるのは独立したトランクルームをもつ2ドア車「1シリーズクーペ」で、内外装や機関部分が、他のMモデルに準じたスポーティな仕様に仕立て直される。

空力性能を意識した前後のバンパーや左右それぞれ2本出しのマフラーエンドが目を引くエクステリアは、BMWをして「見まごうかたなきMカー」と評されるもの。なかでも、ホイールアーチに沿って大きく張り出したフェンダーは特徴的で、全長×全幅×全高=4380×1803×1420mmと、ボディサイズも既存のスポーティモデル「135iクーペ」に比べて53mm幅広くなっている。

エクステリア同様、インテリアも“Mの流儀”でまとめられる。サイドサポートが張り出したスポーツシートが備わるのは言わずもがな、ドアの内張りやメーターバイザーにはアルカンターラがあしらわれ、各所にオレンジ色のステッチングが施される。

エンジンは、オープンモデル「Z4」のトップグレード「Z4 sDrive35is」と同じ、3リッター直6ターボユニット。現在最もパワフルな「135iクーペ」より34psと10.2kgm多い、340ps/5900rpmと51.0kgm/1500-4500rpm(オーバーブースト時)を発生する。
0-100km/h加速に要する時間は、「135iクーペ」より0.4秒短い4.9秒。燃費性能は、欧州の複合モード燃費値で10.42km/リッターを記録する。

アルミ材が多用される足まわりや「Mデファレンシャルロック」、ドライバーの意志で介入レベルを変えられる「DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)」など、スポーティなシャシー性能も自慢だ。

かような「BMW1シリーズ Mクーペ」は、2011年1月に開催されるデトロイトショーで正式にデビュー。同年5月には、ドイツ本国を皮切りに5万500ユーロ(邦貨にして約560万円)の価格で発売される見通しだ。

(webCG 関)

「BMW1シリーズ Mクーペ」
「BMW1シリーズ Mクーペ」
コンパクトとされる「1シリーズ」ながら、全幅は1800mmオーバー。いかついバンパーと突き出たフェンダーがノーマル車との違いを主張する。
コンパクトとされる「1シリーズ」ながら、全幅は1800mmオーバー。いかついバンパーと突き出たフェンダーがノーマル車との違いを主張する。
エンジンは、340psを発生する3リッター直6ターボ。低回転域からトルクが豊かなのも特徴。
エンジンは、340psを発生する3リッター直6ターボ。低回転域からトルクが豊かなのも特徴。
黒を基調としたインテリア。ところどころにオレンジ色のステッチが用いられる。
黒を基調としたインテリア。ところどころにオレンジ色のステッチが用いられる。
ホイールは大径19インチ。その内側におさまるブレーキローターもフロント360mm、リア350mmと大きめ。タイヤサイズは、フロント245/35R19、リア265/35R19だ。
そのほかの画像は、こちらから
ホイールは大径19インチ。その内側におさまるブレーキローターもフロント360mm、リア350mmと大きめ。タイヤサイズは、フロント245/35R19、リア265/35R19だ。
(そのほかの画像は、こちらから)
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る