【スペック】全長×全幅×全高=4405×1795×1670mm/ホイールベース=2675mm/車重=1580kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ+スーパーチャージャー(140ps/5600rpm、22.4kgm/1250-4000rpm)/価格=339万円(テスト車=369万4500円/RNS510パッケージ(HDDナビゲーションシステム+MEDIA-IN+ETC車載器+リアビューカメラ+マルチファンクションインジケーター)=30万4500円)

フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン TSI ハイライン(FF/7AT)【試乗記】

威張らず飾らずデキるやつ 2010.12.09 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン TSI ハイライン(FF/7AT)
……369万4500円

ドイツ生まれの売れっ子ミニバン「ゴルフトゥーラン」が、世代交代。お化粧直しにとどまらないという進化のほどを、上級グレード「ハイライン」でチェックした。

“ほどほど”でモテモテ

「2004年4月に国内導入されて以来、『トゥーラン』は6年半あまりで約2万6000台の販売を記録した。文句なしに輸入ミニバンのベストセラーである」というフォルクスワーゲン・グループ・ジャパンの説明を聞いて、「あれっ、トゥーランってミニバンなんだ!?」とあらためて思った。

しかし、まさにそのへんがトゥーランの価値であり、人気の秘密でもある。本国では登場時からトゥーランという独立したモデルだが、日本では今でも“ゴルフトゥーラン”として売られる。ミニバンというよりも「3列シート7人乗りのゴルフ」として認知されてきた。バス的なワンモーションフォルムではなく、ちゃんとノーズがある。「ゴルフ」より約20cm長いが、フルサイズのミニバンよりはずっとコンパクトだ。ミニバン王国の日本にあって、そんなほどほどさがこのクルマのよさだろう。

ドアパネル以外、すべての外板を一新したという新型トゥーランは、新しいフォルクスワーゲンの顔ともいえる水平基調のフロントマスクがなによりの識別点だ。試乗車の「ハイライン」にはヘッドライト内に特徴的なLEDのポジションランプが埋まる。全体にフェイスリフト前より少し若返った印象だ。

パワーユニットは、1.4リッターのツインチャージャーと乾式7段DSGの組み合わせ。140psのパワーもこれまでどおりだが、日本仕様には今回あらたにチップ・チューンが施され、エコカー減税をゲットしている。最大トルクの発生回転数が1500rpmから1250rpmに下がったことも細かな違いだ。

2010年11月22日に日本上陸、2011年1月11日に発売される新型「ゴルフトゥーラン」。テールランプの形状は縦型から横型に変更され、高速走行時に急ブレーキをかけるとブレーキランプが点滅して後続車に注意を促す機能(エマージェンシーストップシグナル)も備わる。
2010年11月22日に日本上陸、2011年1月11日に発売される新型「ゴルフトゥーラン」。テールランプの形状は縦型から横型に変更され、高速走行時に急ブレーキをかけるとブレーキランプが点滅して後続車に注意を促す機能(エマージェンシーストップシグナル)も備わる。
ターボとスーパーチャージャー、ふたつの過給機を備える1.4リッターユニットは、先代モデルから継承。10・15モードの燃費値は3%アップの14.6km/リッターになった。
ターボとスーパーチャージャー、ふたつの過給機を備える1.4リッターユニットは、先代モデルから継承。10・15モードの燃費値は3%アップの14.6km/リッターになった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る