トヨタ、「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車

2010.12.06 自動車ニュース
「プレミオ1.8X Prime Selection」
トヨタ、「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車

トヨタ自動車、「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車を設定

トヨタ自動車は2010年12月6日、コンパクトセダン「プレミオ」「アリオン」それぞれに特別仕様車を設定し、販売を開始した。

「プレミオ1.8X Prime Selection」のインテリア。
「プレミオ1.8X Prime Selection」のインテリア。

トヨタ、「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車の画像

■プレミオの特別仕様車は「HID+上質内装」がウリ

プレミオの特別仕様車「Prime Selection」は、「1.5F」「1.8X」をベースに、ディスチャージヘッドランプやブラックアウトしたドアサッシを特別装備。インテリアには、クレージュカラーのシート表皮(ラグジュアリーファブリック)、布張りのセンターピラー&ルーフサイドインナーガーニッシュ、前席シートバックポケット、リヤ読書灯が付与された。また、「1.5F」ベース車にはフロントフォグランプが、「1.8X」ベース車には本革巻き4本スポークステアリングホイール&シフトノブが、それぞれ追加装備される。価格は以下の通り。

プレミオ1.5F Prime Selection(FF):177万5000円(+7万5000円)
プレミオ1.8X Prime Selection(FF):196万5000円(+8万円)
プレミオ1.8X Prime Selection(4WD):215万4000円(+8万円)
※()内はベースモデルとの価格差

「アリオン HID Edition」
「アリオン HID Edition」
「アリオンA18 Gパッケージ Luxury Edition」
「アリオンA18 Gパッケージ Luxury Edition」
「アリオンA18 Gパッケージ Luxury Edition」のインテリア。
「アリオンA18 Gパッケージ Luxury Edition」のインテリア。

■アリオンには「HID付き」と、「豪華仕様」を用意

アリオンの特別仕様車は、「HID Edition」と「Gパッケージ Luxury Edition」の2種が設定された。
「HID Edition」は、「A15」「A18」をベースに、ディスチャージヘッドランプやブラックアウトしたドアサッシ、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブが特別装備され、内外装の質感向上が図られた。価格は以下の通り。

アリオンA15 HID Edition(FF):176万円(+8万円)
アリオンA18 HID Edition(Ff):194万5000円(+8万円)
アリオンA18 HID Edition(4WD):213万4000円(+8万円)
※()内はベースモデルとの価格差

「Gパッケージ Luxury Edition」は、「A18」をベースに、オプティトロンメーターやスマートエントリー&スタートシステム、オートエアコン&プッシュ式ヒーターコントロールパネル、イルミネーテッドエントリーシステム、盗難防止システムなど「Gパッケージ」の装備に加え、ディスチャージヘッドランプ、本革巻き+本木目4本スポークステアリングホイール、本革巻きシフトノブ、グリップ式メッキアウトサイドハンドル、ランバーサポート付き8ウェイパワーシート(運転席)などを特別装備。上質なシート表皮の採用などと併せ、高級感が演出されたモデルだ。価格は以下の通り。

アリオン A18 Gパッケージ Luxury Edition(FF):217万円(+29万5000円)
アリオン A18 Gパッケージ Luxury Edition(4WD): 235万9000円(+29万5000円)
※()内はベースモデルとの価格差

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る