トヨタ、「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車

2010.12.06 自動車ニュース
「プレミオ1.8X Prime Selection」
トヨタ、「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車

トヨタ自動車、「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車を設定

トヨタ自動車は2010年12月6日、コンパクトセダン「プレミオ」「アリオン」それぞれに特別仕様車を設定し、販売を開始した。

「プレミオ1.8X Prime Selection」のインテリア。
トヨタ、「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車

トヨタ、「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車

■プレミオの特別仕様車は「HID+上質内装」がウリ

プレミオの特別仕様車「Prime Selection」は、「1.5F」「1.8X」をベースに、ディスチャージヘッドランプやブラックアウトしたドアサッシを特別装備。インテリアには、クレージュカラーのシート表皮(ラグジュアリーファブリック)、布張りのセンターピラー&ルーフサイドインナーガーニッシュ、前席シートバックポケット、リヤ読書灯が付与された。また、「1.5F」ベース車にはフロントフォグランプが、「1.8X」ベース車には本革巻き4本スポークステアリングホイール&シフトノブが、それぞれ追加装備される。価格は以下の通り。

プレミオ1.5F Prime Selection(FF):177万5000円(+7万5000円)
プレミオ1.8X Prime Selection(FF):196万5000円(+8万円)
プレミオ1.8X Prime Selection(4WD):215万4000円(+8万円)
※()内はベースモデルとの価格差

「アリオン HID Edition」
トヨタ、「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車
「アリオンA18 Gパッケージ Luxury Edition」
トヨタ、「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車
「アリオンA18 Gパッケージ Luxury Edition」のインテリア。
トヨタ、「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車

■アリオンには「HID付き」と、「豪華仕様」を用意

アリオンの特別仕様車は、「HID Edition」と「Gパッケージ Luxury Edition」の2種が設定された。
「HID Edition」は、「A15」「A18」をベースに、ディスチャージヘッドランプやブラックアウトしたドアサッシ、本革巻きのステアリングホイール&シフトノブが特別装備され、内外装の質感向上が図られた。価格は以下の通り。

アリオンA15 HID Edition(FF):176万円(+8万円)
アリオンA18 HID Edition(Ff):194万5000円(+8万円)
アリオンA18 HID Edition(4WD):213万4000円(+8万円)
※()内はベースモデルとの価格差

「Gパッケージ Luxury Edition」は、「A18」をベースに、オプティトロンメーターやスマートエントリー&スタートシステム、オートエアコン&プッシュ式ヒーターコントロールパネル、イルミネーテッドエントリーシステム、盗難防止システムなど「Gパッケージ」の装備に加え、ディスチャージヘッドランプ、本革巻き+本木目4本スポークステアリングホイール、本革巻きシフトノブ、グリップ式メッキアウトサイドハンドル、ランバーサポート付き8ウェイパワーシート(運転席)などを特別装備。上質なシート表皮の採用などと併せ、高級感が演出されたモデルだ。価格は以下の通り。

アリオン A18 Gパッケージ Luxury Edition(FF):217万円(+29万5000円)
アリオン A18 Gパッケージ Luxury Edition(4WD): 235万9000円(+29万5000円)
※()内はベースモデルとの価格差

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る