【スペック】全長×全幅×全高=4345×1900×1165mm/ホイールベース=2560mm/車重=1380kg(乾燥重量)/駆動方式=MR/5.2リッターV10DOHC40バルブ(550ps/8000rpm、55.0kgm/6500rpm)/価格=2408万1750円(テスト車は中国仕様車)

ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2(MR/6AT)【試乗記】

快楽のランボルギーニ 2010.12.06 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2(MR/6AT)
……2408万1750円

四駆のスーパースポーツ「ランボルギーニ・ガヤルド」に、二輪駆動バージョンが登場。その誕生のワケと価値を、サーキット・ドライブで探った。

ワケあって二本足

「ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2」の車名にある“LP”は、「Longitudinale Posteriore=後方縦置き」を表す。スーパーカー世代にとっては、おなじみの、ある種特別な意味を持った記号である。続く“550-2”は、最高出力と駆動輪の数のこと。つまり、このガヤルドは550psの90度V型10気筒エンジンを積み、後輪のみ駆動する。往年の名車「カウンタックLP」シリーズの由緒正しき末裔(まつえい)である。

「LP550-2」の誕生は、2009年7月に発売された「ガヤルドLP550-2 バレンティーノ・バルボーニ」に端を発している。同じ550psのMR版ガヤルドが世界限定250台で発売され好評を博したことから、単なる「LP550-2」の名でカタログモデル化されたというわけだ。「LP550-2」がその装備を一部簡略化したというのは、300万円以上高い「バレンティーノ・バルボーニ」のオーナーに対する敬意でもあるのだろう。しかし、「LP550-2」(e-gearモデル)でさえ2408万1750円もする(6段MTモデルは2303万1750円)。決して“お買い得モデル“なんかではないのだ。もちろん、あとからオプションのホイールや、「アド・ペルソナム」と名付けられたカスタマイズプログラムで着飾ることもできる。

新世代ランボルギーニ、特に「ガヤルド」は、アウディが鉄壁の4WDシステムとドイツ的クオリティコントロールでバックアップする、いわばスーパーカーの現代的解釈なのだ。
その文法を、ランボ自身が2WD化でいとも簡単に打ち破ったのはちょっと驚きだった。ちなみに4WDモデルの「LP560-4」は乾燥重量1410kgで、LP550-2は1380kg。2WD化がもたらす軽量化のメリットは、たったの30kgでしかない。それでもMRモデルを発売する理由は何だったのか。単に前後のトルク配分を電子制御するなり、システムのうえで「2WDモード」を作ればよかったのではないのか?


ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2(MR/6AT)【試乗記】の画像
運転席まわりの様子。日本仕様車には、2ゾーンエアコン、ナビゲーションシステム、携帯音楽プレーヤー用インターフェースなどの快適装備が備わる。ボタン操作で車高を上げて、フロントバンパーと障害物との干渉を防ぐリフティングシステムも標準装備。
運転席まわりの様子。日本仕様車には、2ゾーンエアコン、ナビゲーションシステム、携帯音楽プレーヤー用インターフェースなどの快適装備が備わる。ボタン操作で車高を上げて、フロントバンパーと障害物との干渉を防ぐリフティングシステムも標準装備。
ランボルギーニいわく「LP550-2は、単に前輪への動力伝達を切っただけの二駆モデルにあらず」。スプリングからダンパー、スタビライザー、タイヤ、さらにエアロダイナミクスに至るまで、根本から最適化しなおしたという。
ランボルギーニいわく「LP550-2は、単に前輪への動力伝達を切っただけの二駆モデルにあらず」。スプリングからダンパー、スタビライザー、タイヤ、さらにエアロダイナミクスに至るまで、根本から最適化しなおしたという。
関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】 2013.9.9 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る