第171回:【Movie】圧巻熱烈動画! これが「スマート」世界ミーティングだ

2010.12.04 エッセイ

第171回:【Movie】圧巻熱烈動画! これが「スマート」世界ミーティングだ

「スマート」なら、みんなおいで

「スマートタイムズ」は、スマートファンのために毎年行なわれる大ミーティングである。
第10回目となった2010年度は、8月18〜22日の5日間にわたって開催された。約20カ国から約900台にのぼる「スマート」の各モデルが、オーストリアのツェル・アム・ゼーに集結。参加者は1300名に達した。

会場は、隣町カプルンとの間にある飛行場に隣接した滑走路跡地だ。イベントは、スマートならボディタイプや年式を問わず参加費無料という、太っ腹な企画である。加えて、早着した熱烈ファンには、市内提携喫茶店で特別料金適用という特典が。条件はスマートのキー提示という、しゃれたものだった。

「スマートタイムズ」は2009年に、主催者がメルセデス・ベンツの現地法人からダイムラー本社に格上げされた。おかげで今年はメルセデスデザインスタジオで働くデザイナーのトークや、無料点検までもが用意された。
さらに会場の一角には、僅かなチャリティ募金をするだけで、スマートのEV仕様「スマート エレクトリック ドライブ」のステアリングを握れるコースも設けられた。

「スマート」に16人のチアガール!?

「お楽しみ系イベント」も豊富だ。
今年はスマートの改造車を使ったスタントショーや「ストロングマン」と称する怪力男たちによる、スマート持ち上げパフォーマンスなどが次々と展開され、来場者を沸かせた。
しかし最も盛り上がったのは、インスブルックから来たチアガールたちによる「スマート詰め込みチャレンジ」である。チャレンジ開始前、司会者が来場者に「過去にスマートに何人で乗ったことがあるか?」と問うと、次々と手が挙がった。まもなく9人乗車をしたオーナーがいることが判明。「おいおい、道交法違反じゃないか!」と、すかさず突っ込みを入れたところで競技はスタートした。

チアガールたちはスニーカーをクルマの周りに脱ぎ捨て、スマートに乗り込んでゆく。たちまち、すし詰め状態となった。往年のバラエティ番組における熱湯コマーシャルに匹敵する試練である。
チアガールのひとりは筆者に「もうサウナ状態!」と悲鳴をあげていたが、「一緒に参加して、詰め込まれたい」と口先まで出掛かった男性参加者は、筆者だけではなかろう。
幸い彼女たちはこれまでのギネス記録を上まわる16人でスマートに乗車し、車両を前進させることに成功した。

会場にはコンボイを組んでやってきたクラブも多かった。ポーランドのクラブは1000km、ギリシアの愛好会は2000kmの道のりをたどって到着した。ベルギーのクラブも13台を連ねてやってきた。

いっぽう来場者参加のクライマックスは、なんといっても4日めのパレードだ。こう言ってはナンだが、いい年をしたオジサンがホーンをプープー鳴らし、一見マジメそうなおばさまがハコ乗りになってビデオを回していたりする。現行モデルでここまでハイになれるクルマは少ない。
勢いあまってミスコースをするスマートに、地元の人たちが「そっちじゃない、そっちじゃない」と慌てて教えるほほ笑ましいシーンもみられた。

その夜には、近郊のカプルン城で夜会が催された。光のスペクタクルが展開されたあと、周囲が突然真っ暗になった。人々が騒然とするなか、まもなく緑、白、赤のトリコローレが城塞に映し出され、カンツォーネのBGMとともに「来年はイタリアのビーチリゾート、リッチョーネで開催」の旨が告知された。
この10年で世界各国からファンが集まるイベントに成長したため、今後は第1回からの開催地オーストリアを出て、各国を回りながら開催する予定という。夜空に大きな拍手が沸きあがり、参加者たちは来年の再会を誓い合った。

クルマ界の「断捨離」だ!

ところで日本では、モノを捨ててシンプルな生活を目指す「断捨離(だんしゃり)」という言葉が話題となって久しい。
提唱者・やましたひでこさんの解説を引用すると、「不要・不適・不快なモノとの関係を、文字通り『断ち・捨て・離れ』、引き算の解決方法よって停滞を取り除き、住まいの、暮らしの、身体の、気持ちの、人生の、新陳代謝を促すこと」だという。

スマートを見ていると、まさにクルマ界の「断捨離」であることに気付く。不要なシートを捨てて身軽な2シーターとなる。従来のブランド意識、グレード意識によるクルマ階級闘争と決別する。
かわりに、こんな愉快なイベントに参加できる権利を無料で獲得でき、世界中の仲間と知り合うことができるのだ。実際そのあたりが快感なのだろう。参加者の中には、「メルセデスの『ML』も持っているけど、今はもっぱら『スマート』」というリタイア夫妻や、「BMWの12気筒から乗り換えた」といった64歳のドライバーもいた。
「reduce to max」とは1998年のスマート誕生時におけるスローガンだ。まさに12年前に「断捨離」をクルマ界で実行していたといえまいか。

蛇足ながら、最近はボクも「断捨離」を実行に移そうと、自分が好きでもないのに取っておいた古いクルマのカタログをどんどん捨てている。しかし最後の段階になって未練が募り、道端に出したゴミ袋の中をまさぐることが何度かあった。「スマートな生活」とは程遠く、情けないことこの上ない……。

(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

【Movie】さまざまなモデルの「スマート」が集まるミーティング会場


【Movie】「スマート」に16人乗り込む!? 楽しいイベントが盛りだくさん! 


【Movie】イベントのクライマックス、パレードスタート!


(撮影と編集=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

「スマートタイムズ2010」のパレード。先頭のサンゴ礁プリントはクロアチアのザグレブから来たミリアナ&トミスラフ夫妻。
第171回:【Movie】圧巻熱烈動画! これが「スマート」世界ミーティングだ
インスブルックからやってきたチアガールたち。彼女たちを待っていた過酷な試練は、動画を参照のこと。
第171回:【Movie】圧巻熱烈動画! これが「スマート」世界ミーティングだ
チューニングショップのコーナーも設けられた。
第171回:【Movie】圧巻熱烈動画! これが「スマート」世界ミーティングだ
彼女のアンナさんとともにイタリアから来たヒロシ君。命名は日本ファンの親によるものとか。
第171回:【Movie】圧巻熱烈動画! これが「スマート」世界ミーティングだ
こちらは「スマート・クロスブレード」に乗る完全武装カップル。
第171回:【Movie】圧巻熱烈動画! これが「スマート」世界ミーティングだ
「16人乗りスマート」成功をシャンパンで祝うチアガールたち。
第171回:【Movie】圧巻熱烈動画! これが「スマート」世界ミーティングだ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。