クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4845×1940×1700mm/ホイールベース=2895mm/車重=2230kg/駆動方式=4WD/4.8リッターV8DOHC32バルブツインターボ(500ps/6000rpm、71.4kgm/2250-4500rpm)/価格=1538万円(テスト車=1906万5000円)

ポルシェ・カイエンターボ (4WD/8AT)【ブリーフテスト】

ポルシェ・カイエンターボ (4WD/8AT) 2010.12.03 試乗記 ……1906万5000円
総合評価……★★★★★

内外装のデザインを一新し、よりスポーティになった新型「カイエン」は、燃費向上が最大のウリ。500psのパワーを誇る上級グレード「カイエンターボ」で500kmの道のりをテストした。

ポルシェ・カイエンターボ (4WD/8AT)【短評】

価格満足度は5つ星

満点の総合評価は、後にふれる項目別評価の平均ではない。特にこの「カイエン」のような、高性能SUVという特殊で高価格なクルマともなれば、その魅力はもっと別のところにあると考えるのが普通だろう。そこで価格満足度のような評価をしなければならないとしたら、星5つは問題なく与えられる。

ポルシェのSUVという特殊性ゆえ、価格の割にはかなりスポーティな偏った性格。しかし良くも悪くもポルシェという名前の下に許されてしまう。
例えば乗り心地などはまさにスポーツカーのレベルで、“SUVのスーパーカー”であった「ランボルギーニLM002」のような、超高性能車でありながら異次元の乗り心地を備えているわけではない。そこはやはり量産車としての妥協もみられる。
とはいえ、刹那的な加速や高速性能に酔いしれたいと願うユーザーの要求はほとんど満たすことから、顧客満足度の高さは理解できる。
今回は、午後にクルマを受け取ってから一度自宅へもどり、「ちょっと温泉へでも行ってみようか……」と草津まで往復した。その日のうちに帰宅することもできた。半日あれば500kmくらいのドライブもいとわない、そんな気にさせるのが「カイエンターボ」だろう。ちなみに草津往復だけにかぎれば燃費は7.5km/リッター“もの”数値を記録した。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2002年のパリサロンで発表され、日本では同年12月に導入。4.5リッターV8ターボエンジン(450ps)搭載の「カイエンターボ」と、同NAエンジン(340ps)の「カイエンS」をラインナップ。2003年9月に、3.2リッターV6エンジンを搭載したエントリーモデル「カイエン」を追加した。
2006年12月にマイナーチェンジされ、排気量の拡大にともなって出力が大幅に向上し、外観も手直しされた。加えて、「ポルシェ・ダイナミックシャシーコントロールシステム」などの新機能も選べるようになった。
2010年3月のジュネーブショーで発表された最新モデルは、内外装のデザインが一新され、よりスポーティな印象となった。先代より全長で48mm延長するなどボディを拡大したが、素材や部品などを見直し、先代比で180kgの減量を達成(カイエンS)。さらに、アイドリングストップ機構やエネルギー回生システムなどの採用により、燃費性能向上が図られ、先代モデル比で最大23%の向上(カイエンターボ、カイエンS)を果たしたという。
ラインナップは4.8リッターV8ツインターボ(500ps)の「カイエンターボ」、同NA(400ps)の「カイエンS」、3.6リッターV6(300ps)の「カイエン」の3種。いずれのモデルにも、軽量アクティブ4WDシステム「ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム(PTM)」が搭載され、「カイエンS」「カイエンターボ」には、ワイドレシオ化された8段のティプトロニックSが、「カイエン」には、6段MTが組み合される。なお、同時に発表された「カイエンSハイブリッド」の日本導入は、2011年中頃の予定。

(グレード概要)
「カイエンターボ」は、500psを発生する4.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載。0-100km/h加速は4.7秒、最高速度は278km/hに達する。
ライドハイトコントロール機能と「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」を組み込んだエアサスペンションシステムが標準装備されるほか、ダイナミックライトシステムや全席シートヒーター、ステアリングホイールヒーターなどの快適装備も標準で備わる。

オプションの「ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ」は、ブレーキキャリパーが黄色にカラーリングされるのが特徴。通常より大径サイズのブレーキディスクを採用し「カイエンターボ」では、フロントが外径410mm、リアが外径370mmとなる。ホイールは、オプションの21インチ911ターボII。タイヤはミシュランLATITUDEスポーツ(295/35R21)を履く。
オプションの「ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ」は、ブレーキキャリパーが黄色にカラーリングされるのが特徴。通常より大径サイズのブレーキディスクを採用し「カイエンターボ」では、フロントが外径410mm、リアが外径370mmとなる。ホイールは、オプションの21インチ911ターボII。タイヤはミシュランLATITUDEスポーツ(295/35R21)を履く。 拡大
オプション設定される4ゾーンエアコンディショナーは、運転席、助手席、リアシート左右個別に温度設定することが可能だ。
オプション設定される4ゾーンエアコンディショナーは、運転席、助手席、リアシート左右個別に温度設定することが可能だ。 拡大

ポルシェ・カイエンターボ (4WD/8AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
スポーツカー流儀のインストゥルメントパネルは、デザインが明快で、見やすい。ウッドパネルなどで高級に見せる手法を用いないところがポルシェ的で好感がもてる。ただし価格相応の要求には応えていないが、ポルシェが造るSUVということで許されてしまう、得な部分だ。ソナーが備わりリアビュー映像も見られるので不便さはないが、やはりこの手のクルマの死角である右サイドの確認ができないのは不安。

(前席)……★★★
高めに座り、ボンネットの端がちょっと見える。視界良好のポジション。シートは見た目には快適そうだが、ポルシェの想定する主なユーザーはかなり大柄なのか、標準的な日本人にとっては腰周辺のホールドが不足する。長距離旅行者は腰痛に注意。コーナーを攻めないことが肝要か。オプションでもいいからレカロシートなどの設定が親切と思われる。

(後席)……★★★
こちらも座面は高く視界良好。ルーフも高いし、足元のスペースも十分だ。シートのクッションは硬めながら折り畳めるシートとしては居住性は悪くない。しかしそれも停止している時はいいとして、このクルマは硬派のドライバーズカーであるから、運転手の好き勝手に走られると、ここに座るのはつらいだろう。ベルトで体は固定されていても横Gや縦Gに苛まれることを思えば、家族用としては地獄に変わる。もっと穏やかで快適な高級SUVは存在する。

(荷室)……★★★★
十分に広く、大きい荷物を飲み込める。もちろんリアシートを倒せばさらに広大なスペースが出現する。内張り内装の処理や作りもしっかりしている。フロアはフラットで、その下にスペアタイヤは無く、パンク修理剤とエアーポンプが備わる。外したタイヤを収納するのはちょっと重そうだ。バックドアの開閉装置はオプション。

新型「カイエン」のインテリアは、ダッシュボードに向かって延びるセンターコンソールが特徴。エアコン吹き出し口が縦型になったのも新しい。
新型「カイエン」のインテリアは、ダッシュボードに向かって延びるセンターコンソールが特徴。エアコン吹き出し口が縦型になったのも新しい。 拡大
「カイエンターボ」には、他のモデルではオプションとなるアダプティブスポーツシートが標準装備される。もちろんシートヒーターも標準装備。
「カイエンターボ」には、他のモデルではオプションとなるアダプティブスポーツシートが標準装備される。もちろんシートヒーターも標準装備。 拡大
4:2:4の分割可倒式リアシートは、前後に160mmのスライドが可能。バックレストの角度は3段階に調節できる。「カイエンターボ」にはシートヒーター(センターシートは除く)が標準で装備される。
4:2:4の分割可倒式リアシートは、前後に160mmのスライドが可能。バックレストの角度は3段階に調節できる。「カイエンターボ」にはシートヒーター(センターシートは除く)が標準で装備される。
拡大
荷室容量は、通常で580リッターを確保し、リアシートを倒すことで1780リッターまで拡大する。
荷室容量は、通常で580リッターを確保し、リアシートを倒すことで1780リッターまで拡大する。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
強固なボディや遮音材、さらにドライバーとエンジンの間には距離があるため、最初は「静かだなぁ〜」と思っていたが、アイドリングストップするとホッとする。裏返せばそれだけ微振動も騒音もあるということで、価格を考えれば不満ではあるが、そこがポルシェの造るSUVという名前が有利に作用する点だ。動力性能に関しては、500psと71.4kgmのスペックから期待できるとおり。8段のティプトロニックSはやや反応が緩慢。今回の試乗では、トータルで570.3km走って、燃費は6.8km/リッターと予想を上回った。アイドリングストップが効いている。

(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
この巨体からは想像できないかもしれないが、ハンドリングは軽快でグリップの限界も高い。要因は高性能タイヤと2トンを超える車重がもたらす、その接地荷重にある。そしてもちろんハイパワーも、駆動力=安定性という図式を裏切らない。問題はシートだ。腰周辺が固定されずブカブカ。クルマ自体はかなりの横Gにたえてしまうから、乗員がこのまま耐えていると確実に腰をやられる。微振動や突き上げ感はまさに高性能車のそれで、快適な乗り心地を欲するならば、なにもカイエンでなくともいい、という当然の帰結となる。我慢の範囲内か。

(写真=峰昌宏)

「カイエンターボ」に搭載される4.8リッターV8エンジンは、最高出力500ps/6000rpm、最大トルク71.4kgm/2250-4500rpmを発生。0-100km/h加速は4.7秒、最高速度は278km/hを誇る。
「カイエンターボ」に搭載される4.8リッターV8エンジンは、最高出力500ps/6000rpm、最大トルク71.4kgm/2250-4500rpmを発生。0-100km/h加速は4.7秒、最高速度は278km/hを誇る。 拡大

ポルシェ・カイエンターボ (4WD/8AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大

【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2010年10月18〜19日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2010年型
テスト車の走行距離:8540km
タイヤ:(前)295/35R21(後)同じ(いずれも、ミシュランLATITUDE Sport)
オプション装備:オートマチックテールゲート(11万6000円)/プライバシーガラス(8万3000円)/ポルシェ・トルク・ベクトリングプラス(PTVプラス/26万3000円)/ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB/153万8000円)/サーボトロニック(4万7000円)/ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロール(PDCC/56万8000円)/21インチ911ターボIIホイール(64万2000円)/4ゾーンエアコンディショナーシステム(15万4000円)/3スポーク・スポーツステアリングホイール(7万4000円)/シートベンチレーション(フロント/20万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(4):山岳路(2)
テスト距離:570.3km
使用燃料:83.72リッター
参考燃費6.8km/リッター

関連キーワード:
カイエンポルシェ試乗記

あなたにおすすめの記事