マツダ、「ビアンテ」を一部改良

2010.12.02 自動車ニュース
「マツダ・ビアンテ20S」
マツダ、「ビアンテ」を一部改良

マツダ、「ビアンテ」を一部改良

マツダは2010年12月2日、中型ミニバン「ビアンテ」を一部改良し、発売した。


マツダ、「ビアンテ」を一部改良

今回の改良では、全車にジャカード織のシートを採用することで、質感の向上が図られた。

また上級グレードの「23S」には、ウイルスやアレル物質の侵入を抑えるアレルバスター搭載フィルターやnanoeイオン発生機能、消臭天井、リアヒーターがセットとなる「クリーンエアパッケージ」と、オートライトシステム&レインセンサーワイパー(フロント)、はっ水機能(フロントドアガラス、ドアミラー)、クリーナブルシートがセットとなる「コンフォートパッケージ」が標準装備された。

価格はこれまでどおり、213万1500円から278万8000円まで。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
ビアンテマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • 特別な内外装のマツダ・ビアンテ グランツ発売 2012.1.26 自動車ニュース マツダは、ミニバン「ビアンテ」に特別仕様車「GRANZ(グランツ)」と「GRANZ-C」を設定し、2012年1月26日に発売した。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ 2017.9.14 画像・写真 マツダが3列シートを持つ新型SUV「CX-8」を発表した。日本におけるマツダのフラッグシップSUVであり、ミニバン市場からの撤退を発表したマツダにとって、多人数乗車のニーズを一身に担うモデルとなる。マツダ初の3列シートSUVの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る