マツダ、「ビアンテ」を一部改良

2010.12.02 自動車ニュース
「マツダ・ビアンテ20S」
マツダ、「ビアンテ」を一部改良

マツダ、「ビアンテ」を一部改良

マツダは2010年12月2日、中型ミニバン「ビアンテ」を一部改良し、発売した。


マツダ、「ビアンテ」を一部改良

今回の改良では、全車にジャカード織のシートを採用することで、質感の向上が図られた。

また上級グレードの「23S」には、ウイルスやアレル物質の侵入を抑えるアレルバスター搭載フィルターやnanoeイオン発生機能、消臭天井、リアヒーターがセットとなる「クリーンエアパッケージ」と、オートライトシステム&レインセンサーワイパー(フロント)、はっ水機能(フロントドアガラス、ドアミラー)、クリーナブルシートがセットとなる「コンフォートパッケージ」が標準装備された。

価格はこれまでどおり、213万1500円から278万8000円まで。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビアンテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る