トヨタ・クラウンマジェスタのAV機能が向上

2010.12.01 自動車ニュース

「トヨタ・クラウンマジェスタ」のAV機能がアップ

トヨタ自動車は、高級セダン「クラウンマジェスタ」の装備を変更し、2010年12月1日に発売した。

今回、ルーフ後端に備わるアンテナの形状が、棒型からフィン(=ひれ)型に変更された。

AV機能のアップグレードも図られ、HDDナビゲーションシステムには住宅地などの細い道でも詳しく案内する「細街路案内機能」が追加。iPodをはじめとする携帯型オーディオプレーヤーを接続できる、USB端子も装備された。

価格は、ベーシックな「Aタイプ」の612万円から、乗車定員を4名に限定したトップグレード「Gタイプ“Fパッケージ”」の792万円まで。

(webCG 関)

「トヨタ・クラウンマジェスタ」(写真はGタイプ)。 ルーフアンテナは、コンパクトでシャープなフィン型に。
「トヨタ・クラウンマジェスタ」(写真はGタイプ)。
ルーフアンテナは、コンパクトでシャープなフィン型に。

関連キーワード:
クラウン マジェスタトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 東京オートサロン2018(トヨタ) 2018.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は「東京オートサロン2018」で“カスタマイズブース”を設営し、「クラウン コンセプト」や「ハイエース」をベースにしたコンセプトモデルを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
  • 「メルセデス・ベンツ・ニューイヤー・レセプション」の会場から 2018.1.15 画像・写真 独ダイムラーは2018年1月14日(日本時間1月15日)、米国ミシガン州アナーバーで「メルセデス・ベンツ・ニューイヤー・レセプション」を開催し、新型「Gクラス」を発表した。その様子を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • 東京オートサロン2018展示車両(その14) 2018.1.13 画像・写真 トヨタモデリスタの主役は大胆にカスタマイズされた「トヨタC-HR」。TRDや日野と併せて、各社のブースを写真で紹介する。
ホームへ戻る