メルセデス・ベンツ、「Gクラス」を一部改良

2010.12.01 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ、「Gクラス」を一部改良

メルセデス・ベンツ日本は2010年12月1日、本格オフローダー「Gクラス」に一部改良を加えるとともに、特別仕様車「G550ロング カーボンエディション」を設定し、発売した。

■より安全なヘッドレストを搭載

今回の一部改良では、追突などによって後方から強い衝撃を受けた際、ヘッドレストが瞬時に前上方に移動し、乗員の頭や首を保護する「NECK PROアクティブヘッドレスト」が運転席と助手席に装備された。また「G550ロング」に新デザインのホイールが採用された。

価格は据え置かれ、「G550ロング」が1340万円、「G55 AMGロング」は1780万円。

■デジーノ専用ボディ色&カーボンアクセント付き

特別仕様車「G550ロング カーボンエディション」は、通常はAMGモデルのみに設定されている「designo(デジーノ) AMGプログラム」のボディ色「designoミスティックホワイトII」を採用し、ボディサイドにカーボンストリップライントリムを組み合わせた限定モデル。

内装には、センターコンソールやステアリングホイールなど随所に光沢加工を施したカーボントリムとクロームがあしらわれるほか、アルミ削りだしの専用シリアルプレートがシフトノブ前方に装着される。

価格はベース車より60万円高い、1400万円。
全国限定30台が販売される。

(webCG 曽宮)

「メルセデス・ベンツG550ロング」
「メルセデス・ベンツG550ロング」
Gクラス全車に標準装備された「NECK PROアクティブヘッドレスト」。
Gクラス全車に標準装備された「NECK PROアクティブヘッドレスト」。
「メルセデス・ベンツG550ロング カーボンエディション」
「メルセデス・ベンツG550ロング カーボンエディション」
メルセデス・ベンツ、「Gクラス」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • メルセデス・ベンツ、「Gクラス」の一部仕様装備を変更 2016.11.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月11日、クロスカントリーモデル「Gクラス」の一部仕様装備を変更し、販売を開始した。今回の仕様変更では、インフォテインメントシステムの改良と、内外装のブラッシュアップが行われた。
ホームへ戻る