メルセデス・ベンツ、「Gクラス」を一部改良

2010.12.01 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ、「Gクラス」を一部改良

メルセデス・ベンツ日本は2010年12月1日、本格オフローダー「Gクラス」に一部改良を加えるとともに、特別仕様車「G550ロング カーボンエディション」を設定し、発売した。

■より安全なヘッドレストを搭載

今回の一部改良では、追突などによって後方から強い衝撃を受けた際、ヘッドレストが瞬時に前上方に移動し、乗員の頭や首を保護する「NECK PROアクティブヘッドレスト」が運転席と助手席に装備された。また「G550ロング」に新デザインのホイールが採用された。

価格は据え置かれ、「G550ロング」が1340万円、「G55 AMGロング」は1780万円。

■デジーノ専用ボディ色&カーボンアクセント付き

特別仕様車「G550ロング カーボンエディション」は、通常はAMGモデルのみに設定されている「designo(デジーノ) AMGプログラム」のボディ色「designoミスティックホワイトII」を採用し、ボディサイドにカーボンストリップライントリムを組み合わせた限定モデル。

内装には、センターコンソールやステアリングホイールなど随所に光沢加工を施したカーボントリムとクロームがあしらわれるほか、アルミ削りだしの専用シリアルプレートがシフトノブ前方に装着される。

価格はベース車より60万円高い、1400万円。
全国限定30台が販売される。

(webCG 曽宮)

「メルセデス・ベンツG550ロング」
「メルセデス・ベンツG550ロング」
Gクラス全車に標準装備された「NECK PROアクティブヘッドレスト」。
Gクラス全車に標準装備された「NECK PROアクティブヘッドレスト」。
「メルセデス・ベンツG550ロング カーボンエディション」
「メルセデス・ベンツG550ロング カーボンエディション」
メルセデス・ベンツ、「Gクラス」を一部改良の画像

関連キーワード:
Gクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年9月26日、「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」を発売した。SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデルである。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記 マツダのコンパクトSUV「CX-3」に追加された、ガソリンエンジン搭載モデルに試乗。マツダらしい実直さや、スポーティーな走り、そして手ごろな価格設定と、さまざまな魅力を併せ持つこのクルマに欠けているものとは?
  • メルセデスが「AMG G65」の仕様を変更 2017.9.27 自動車ニュース
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記