【スペック】全長×全幅×全高=4135×1765×1570mm/ホイールベース=2530mm/重量=1380kg/駆動方式=4WD/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(190ps/5600rpm、24.5kgm/2000-5200rpm)/価格=245万1750円(テスト車=296万1000円/キセノンヘッドランプ=6万3000円/バックビューモニター+カーウイングスナビゲーションシステム+ETCユニット+ステアリングスイッチ=30万9750円/インテリジェントキー+プッシュスターター+電動格納式リモコンカラードドアミラー+Sパック+エンジンイモビライザー=13万6500円)

日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【試乗記】

もうひとつの顔 2010.12.01 試乗記 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)
……296万1000円

個性派コンパクト「日産ジューク」に、4WDのターボモデルが登場。スポーティさをウリにするトップグレードの実力は、どれほどのものなのか?

おじさんもグラリ

2010年6月のデビューから5カ月、これまで1.5リッターのみだった「日産ジューク」に1.6リッターが加わった。新しい直噴4気筒ターボを積む「16GT」系で、FFと4WDがある。GTと名が付くターボのスポーツバージョンがあとから加わるなんて、「なつかしの国産車ニュース」という感じがする。しかもトップモデルの4WDは「16GT FOUR」と呼ばれる。ジーティーフォー? かつて「トヨタ・セリカ」でヒットしたスポーツ四駆の名前ではないか。

そんな昔話を知っている古くからのクルマ好きにとって、実際、ジュークは出たときからなんだか妙に気になるクルマだった。カッコはそれぞれ“好み”だが、ぼくは好きである。このスタイリング、フトした拍子に「中国製のクルマか!?」と思うこともあるが、フトした拍子にすごくカッコよく見えることもある。「嫌われたってべつにいいよ」という強い意志と若さが感じられて、おじさんは応援したくなる。

5カ月間で約2万台と、国内の販売はメーカーの予想以上に好調だが、これまでのユーザー層をみると、20〜30代のコア・ターゲットだけでなく、上は50代、60代の高い年齢層にまで支持されているという。しかも、国産車としては珍しく、赤がいちばん売れているそうだ。年齢を問わず、このクルマで“自分を変えたい”という人が買ってくれているのではないか。開発者のひとりがそう分析した。

インテリアカラーは、黒系と赤系(写真)の2色から選べる。
日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【短評】
コンパクトスポーツカーとSUVのクロスオーバーモデルとして2010年6月に誕生した「日産ジューク」。ドッシリとした下半身とスマートな上屋からなるエクステリアで個性を主張する。
1.5リッターモデルではオプション扱いの17インチアルミホイールが標準で備わる。
日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【短評】
シートは6:4の分割可倒式。フラットな積載スペースも作ることができる。
(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【試乗記】 2010.12.1 試乗記 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)
    ……296万1000円

    個性派コンパクト「日産ジューク」に、4WDのターボモデルが登場。スポーティさをウリにするトップグレードの実力は、どれほどのものなのか?
  • 「日産ジューク」のツートンカラーに新色が登場 2016.10.28 自動車ニュース 日産自動車は2016年10月27日、「ジューク」の特別仕様車「ドレスアップ」に、新色のツートンカラー「プレミアムサンフレアオレンジ/ダークメタルグレー」を追加すると発表した。同年11月22日に発売する。
  • 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【試乗記】 2011.1.31 試乗記 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)
    ……296万1000円

    「日産ジューク」のハイパワー&4WDグレード「16GT FOUR」に試乗。足まわりの仕上がり具合を中心に、その走りを峠道でチェックしてみた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る