【スペック】全長×全幅×全高=4650×1860×1375mm/ホイールベース=2755mm/車重=1830kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8 DOHC32バルブ(450ps/8250rpm、43.8kgm/4000-6000rpm)/価格=1204万円(テスト車=1277万円/電動パノラマサンルーフ=20万円/アダプティブクルーズコントロール+アウディサイドアシスト=28万円/5アームローターデザインアルミホイール=25万円)

アウディRS 5(4WD/7AT)【試乗記】

クールな高性能車 2010.11.30 試乗記 アウディRS 5(4WD/7AT)
……1277万円

アウディのハイパフォーマンスクーペ「RS 5」に試乗。最新、最高の技術を盛り込んだという、その走りやいかに?

全身電子制御

正確に言えばアウディ本体ではなく、その100%出資子会社であるクワトロ社の仕事ではあるのだが、しかしアウディというメーカーの持つポテンシャルの究極のところをのぞいてみたければ、RSモデルに触れるに限る。そこには彼らが持つ最新の、最高の技術が惜しげもなく投入されている。この「RS 5」もそう。これこそハイテクの塊と呼ぶのにふさわしい、全身電子制御のスポーツクーペである。

とりわけそのシャシーに注ぎ込まれた技術には見どころが多い。駆動方式は、当然フルタイム4WDのクワトロ。しかも従来のトルク感応型ではなくクラウンギア式センターデフを新たに採用することで、前後トルク配分は通常時の40:60から最大でフロントに70%、リアに85%まで変化させることを可能としている。さらにリアアクスルには左右輪の駆動力をアクティブに可変させるスポーツディファレンシャルが備わり、旋回時の内輪に軽微な制動力を与えてアンダーステアを打ち消すトルクベクタリングシステムと協調して動作するといった具合である。要するに4輪への「自在な」という言葉に限りなく近いトルク配分を可能としているのだ。

このシャシーにパワーを送り込むエンジンは、V型8気筒4.2リッター直噴の自然吸気ユニット。基本は「S5クーペ」に積まれているのと同様だが、吸排気系の変更などの変更などによって、その実に96ps増しとなる最高出力450psを8250rpmという超高回転域で発生させる垂涎(すいぜん)のスポーツエンジンに仕立てられている。
興味深いことにこのエンジン、実はすべてハンガリーのジェール工場にて手作業で組み立てられている。究極のハイテクも、実現するのは人間の匠(たくみ)の技なのだ。ギアボックスはおなじみデュアルクラッチの7段Sトロニックである。

関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • アウディR8(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.19 試乗記 第2世代へと進化したアウディのフラッグシップスポーツ、新型「R8」が日本に上陸。富士スピードウェイでフルパワーを解き放った。ドライからウエットへと変化する路面で体感した、その走りを報告する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 「アウディR8スパイダー/TT RSクーペ/RS 3セダン」発表会の会場より 2017.3.28 画像・写真 アウディ ジャパンが新型「R8スパイダー」「TT RSクーペ」「RS 3セダン」の3車種を発表。アウディのモータースポーツ活動を担うアウディスポーツ社が手がけた高性能モデルで、5月から7月に順次発売される。各モデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る