クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】iQ GAZOO Racing tuned by MN:全長×全幅×全高=2985×1680×1470mm/ホイールベース=2000mm/車重=950kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(98ps/6000rpm、12.5kgm/4400rpm)/価格=197万2000円(テスト車=227万円/GAZOO Racing スタイルパッケージ=29万8000円(フロントバンパースポイラー+サイドマッドガード+リヤバンパースポイラー & センターマフラー+フロントフォグランプ+オリジナルデカール+スポーツシートカバー))

トヨタiQ GAZOO Racing tuned by MN/GRMN ヴィッツ ターボ コンセプト【試乗記】

スポーツ魂ここにあり! 2010.11.28 試乗記 トヨタiQ GAZOO Racing tuned by MN(FF/6MT)/GRMN ヴィッツ ターボ コンセプト(FF/5MT)


クルマの楽しさを伝えるべく、トヨタが取り組むプロジェクト「GAZOO Racing(ガズーレーシング)」。では、その活動を具現するという2台のコンパクトカーは、どんな走りを見せるのか?

「GRMN」の再来か?

いよいよ「トヨタiQ」の「130G MT→」が発売される。この「→」(「ゴー」と発音する。以下「ゴー」と表記。)というグレードは、「iQ」の中でもスポーティーな仕様のことで、足まわりが硬く、16インチタイヤ(175/60R16)を履き、リアブレーキがディスクになる。しかも車名にあるとおり、MT仕様も用意されるのだ。

何が言いたいのかというと、これってつまり「iQ GRMN」の再来ではないのかと期待しているわけである。2009年8月の発表日から1週間で完売してしまった100台限定の、“幻のiQ”のことである。

カタログを見れば見るほど、期待は高まる。レギュラーガソリン仕様である「MTゴー」は(「GRMN」はハイオク仕様だった)、1.3リッターユニットのスペックが94psと12.0kgmにとどまるが、6段MTのギア比は最終減速比を含めて「GRMN」とまったく同じだし、車重も950kgと変わらない。それで価格は32万2000円安の165万円ときている。幻を買い逃した人にとって、好機到来の可能性大。待てばガズーの日和ありですよ、きっと。

……と、ここまでアオっておいて言うのもなんだが、そうはいっても「MTゴー」と「GRMN」は完全なる別モノかなという気も一方ではしている。先日、いち早く市場に出たCVT仕様の「ゴー」に乗ったが、その足まわりは思いのほか硬く、路面が悪いとピッチング方向に細かな上下動を繰り返していた。今年の秋口に富士スピードウェイのショートサーキットで乗った「iQ GRMN」は本当、素晴らしかったもの。

テスト車の「iQ GRMN」には、ドレスアップのセットオプションが組み込まれていた。写真の赤い前席は、いわゆるスポーツシートではなく、ノーマルシートにサイドサポート付きの「スポーツシートカバー」を装着したもの。
テスト車の「iQ GRMN」には、ドレスアップのセットオプションが組み込まれていた。写真の赤い前席は、いわゆるスポーツシートではなく、ノーマルシートにサイドサポート付きの「スポーツシートカバー」を装着したもの。 拡大
98psを発生する1.3リッター直4ユニット。6段MTと組み合わされる。
98psを発生する1.3リッター直4ユニット。6段MTと組み合わされる。 拡大
「トヨタiQ」のスポーティグレード、「→(ゴー)」。2010年8月に登場したCVTモデルに加えて、同11月中旬には6段MTモデルも発売された。
「トヨタiQ」のスポーティグレード、「→(ゴー)」。2010年8月に登場したCVTモデルに加えて、同11月中旬には6段MTモデルも発売された。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

安定感と小気味良さの好バランス

サーキットで乗った「iQ GRMN」は、ひとことでいうなら全長3m×全幅1.7mという小さな枠に収まるクルマとは思えないほど泰然自若としていた。ブレーキを残しながら、タイトベンドに進入する。約30mmローダウンされたサスペンションと、無駄なコンプライアンスが抑え込まれた硬いブッシュのおかげで、回頭性はよりシャープになっている。しかし、明確なフロント荷重となったこの状態でステアリングを切り増せば、ホイールベースがわずか2mしかない短いボディはたちまちクルッと回ってしまう……そう考えるのが普通だ。

しかしリアタイヤがしっかりと路面をとらえ、「iQ GRMN」は弱アンダーステアの姿勢を崩さないのである。急なステアリング操作に対しては、さすがにS-VSC(標準装備)が介入してきて姿勢を維持するが、その一連の挙動が全長3mクラスのクルマとは思えない、ゆったりとしたものだった。前を向いて運転に没頭しているかぎり、「ヴィッツ」ぐらいのサイズのクルマと何ら変わらない安心感がある。

だからといって、乗り心地がさほど犠牲になっていないのも素晴らしいところ。今回は路面が平滑なサーキットでの試乗に限られたため、一般道での印象とは多少違うところもあるかもしれないが、少なくとも姿勢変化を嫌うガチガチに固められた足まわりではなかった。日常的に使えそうな柔軟性を備えており、やるなGRMNッ! と拍手を贈りたくなるようなものだったのである。同じことは「GRMNヴィッツ ターボ コンセプト」にも言えた。


トヨタiQ GAZOO Racing tuned by MN/GRMN ヴィッツ ターボ コンセプト【試乗記】の画像 拡大
足まわりには、専用のサスペンションと専用の16インチアルミホイールがおごられる。あわせて、リアブレーキはディスク化された。
足まわりには、専用のサスペンションと専用の16インチアルミホイールがおごられる。あわせて、リアブレーキはディスク化された。 拡大
インテリアは、タコメーターやアルミペダルでスポーティなムードを演出。
インテリアは、タコメーターやアルミペダルでスポーティなムードを演出。 拡大
「GRMN ヴィッツ ターボ コンセプト」のリアビュー。
「GRMN ヴィッツ ターボ コンセプト」のリアビュー。 拡大

古典的だが新しい

「GRMN ヴィッツ ターボ コンセプト」は、まだ市販されていない、その名のとおりコンセプトモデルである。「RS」の1.5リッターモデルをベースにターボ化されており、ヴィッツファミリーの中で断トツにパワフルな150ps/6000rpmと20.0kgm/4800rpmを発生する。ボンネットにはエアインレットが設けられ、リアバンパーの下部にはセンターマフラーがのぞくなど、外観からしてすでに走りの気配がただよっている。

実際に走らせてみると、エンジンはターボトルクを一気に爆発させるような古典的なセッティングではなく、どちらかといえばリニアなトルクカーブを持つ、より現代的な味付けだ。ちょうど、より大きな排気量のクルマに乗っているような感覚である。そうはいっても、標準型のヴィッツと比べたら速さは別モノ。指針式のブースト計が正圧に振れてからの加速感は、まるで前方に吸い込まれていくかのようだ。

サスペンションもそれ相応に締め上げられており、ステアリングを切った瞬間からノーズは軽快に向きを変える。絶対的な車重は1060kgと標準型を比べて特に軽いわけではないが、パワーウェイトレシオで圧倒的に有利なこちらは身軽さが際立っていた。

GRMNのクルマたちには、日本では事実上、絶滅の危機にひんしているホットハッチのDNAが引き継がれている。エコカーばかりではないトヨタのスポーティな一面を見てホッとすると同時に、こういったスポーツカーの精神を「ガソリン時代の記憶」にとどめるのではなく、未来のクルマにもどんどん翻案していってもらいたいものだと感じた次第だ。

(文=竹下元太郎/写真=高橋信宏)

「ヴィッツ ターボ コンセプト」のエンジンルーム。補器類が鈍い光を放つ。
「ヴィッツ ターボ コンセプト」のエンジンルーム。補器類が鈍い光を放つ。 拡大

トヨタiQ GAZOO Racing tuned by MN/GRMN ヴィッツ ターボ コンセプト【試乗記】の画像 拡大
車内にはロールケージが張り巡らされる。シートベルトは4点式。
車内にはロールケージが張り巡らされる。シートベルトは4点式。 拡大
【スペック】GRMN ヴィッツ ターボ コンセプト(写真右):全長×全幅×全高=3800×1695×1505mm/ホイールベース=2460mm/車重=1060kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブターボ(150ps/6000rpm、20.0kgm/4800rpm)/※テスト車はコンセプトモデル
【スペック】GRMN ヴィッツ ターボ コンセプト(写真右):全長×全幅×全高=3800×1695×1505mm/ホイールベース=2460mm/車重=1060kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブターボ(150ps/6000rpm、20.0kgm/4800rpm)/※テスト車はコンセプトモデル 拡大

関連キーワード:
iQヴィッツトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事