ミツオカ・ライク、メッキグリルで個性アップ

2010.11.26 自動車ニュース
「ミツオカ雷駆(ライク)」
ミツオカ・ライク、メッキグリルで個性がアップ

「ミツオカ・ライク」小変更、メッキグリルで個性がアップ

光岡自動車は、新型電気自動車「雷駆(ライク)」の仕様を一部変更し、2010年11月26日に発売した。

「グリルメッキモール」(写真)を追加。アウディ車を思わせる(?)銀縁グリルで、さらなる個性を主張する。
ミツオカ・ライク、メッキグリルで個性がアップ

今回の小変更は、「ライク」開発のベースとなる三菱自動車のEV「i-MiEV」の仕様変更に伴うもの。

具体的には、高速走行時のモーター音やブレーキ負圧電動ポンプの作動音が低減され、クルマの静粛性が高められたほか、低速(車速25km/h以下)走行中に、音で歩行者などに自らの存在を知らせる「車両接近通報装置」が追加された。
さらに、充電時に必要な変換アダプターも追加、利便性が高められるなどした。

「ライク」独自の手直しとしては、専用のグリルにメッキモールが追加され、ミツオカいわく「堂々とした存在感と気品漂うスタイル」に。

価格はこれまで通り、428万円のまま。最大114万円の補助金が交付されるのも変わらない。ただし、販売方法は従来のリース方式だけでなく、現金での買い取りも選べるようになった。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • KTM125デューク/250デューク/390デューク/1290スーパーデュークGT【試乗記】 2017.6.10 試乗記 普通二輪免許で乗れるKTMのネイキッドバイクが、3車種同時にフルモデルチェンジ。「野獣の卵」「ザ・コーナーロケット」など過激なニックネームを持つ新型の実力を、サーキットで確かめた。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
ホームへ戻る