第417回:コレは新手のケータイか電気の馬車か?
 わが家にEVがやってきた Yah! Yah! Yah!

2010.11.26 エッセイ

第417回:コレは新手のケータイか電気の馬車か? わが家にEVがやってきた Yah! Yah! Yah!

帰るなり充電……そこに感じる未来

「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」って懐かしさすら覚えるフレーズだけど、今回はそれを思いっきりパクリたくなるキブンでしたわ。「この存在新しいね」と僕が思ったから今日はEV記念日!! なんてな〜(笑)。つくづく時代の変化、もとい自分も年を取ったことを実感した次第です。

で、わが家に来たのは「プリウス プラグインハイブリッド(PHV)」! 厳密には純粋な電気自動車(EV)ではないけれど、その気になれば23.4km(カタログ値)を電気のみで走れる、よりEVに近い「プリウス」だ。現在は少量がリース販売されてるだけなんだけど、たまたま仕事で1週間ほど借りることになって、意外なる衝撃を受けたのだ。

どこにシビれたかっていうと、それは充電作業。それも作業そのものではなく、おのれの生活様式というか、意識変化にビックリした。

実際この1週間、家に帰ってまずやることってなんだったと思います? そう、充電ですよ充電、それも3つの。まずはプリウスPHVを狭い駐車場に止めたら、おもむろにラゲッジから電源コードを取り出し左前フェンダーにあるソケットにつなぐ。するとプリウスは充電インジケーター点灯と同時に、「ブーン」と電動ファンが回り出す。「命を与えられた」って感じなのよ。

で、お次は部屋に入って携帯電話を充電スタンドに差し込み、続きカバンから愛用のMacBookを取り出しACアダプターをつなぐ。これまたモニターで充電インジケーターを確認。さらに、最近買ったiPhone用スピーカーも車内から机に移して、そこでやっとひと息「ふ〜」ってな具合。

今までも帰宅するなり携帯とパソコンに電源をつなぐ流れだったけど、さらにもう1アイテム増えた。いわば“ケータイ&パソコンの一種”としてのクルマの登場。それか昔のウエスタン映画で、カウボーイが馬で帰ってきたとたん、飼い葉と水をやってるのを見たもんだけど、それに近い感じ? ……って別に馬飼ったことないですけどね(笑)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』